2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカは本当に月面着陸していたのか?

1 :  :02/02/02 23:34
米が他国にさきがけ、月に着陸したのは周知の事実。
しかしある説によれば「アレは嘘だった」とのこと。
月面着陸の写真もおかしなところが多々あったとか。

どうなんでしょ?

2 :オーバーテクナナシー:02/02/02 23:35
まだやってたの?
2ゲットー!!

3 :オーバーテクナナシー :02/02/02 23:36
(*・∀・*)(・∀・)2ゲトー!

4 :2:02/02/02 23:37
↑残念

5 :オーバーテクナナシー :02/02/02 23:38
(*・∀・*)(・∀・)5ゲトー!

6 :2:02/02/02 23:45
↑おめでとー

7 :オーバーテクナナシー :02/02/03 00:18
本当の話じゃねーの?
世界各国に放映してたし。

8 :オーバーテクナナシー:02/02/03 00:22
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/1010832156/l50

9 :オーバーテクナナシー:02/02/03 09:52
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/space/1001217548/
重複の上、マルチポストの罪、判決、削除


10 :オーバーテクナナシー:02/02/04 17:32
親愛なる>1へ
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ray_fyk/diary/dr0010_3.htm#001026


11 :オーバーテクナナシー:02/02/07 09:14
またこのネタかよ


12 :オーバーテクナナシー:02/02/07 09:53
そのネタはもういいからさ、今度は
「アメリカは第2次大戦で本当に日本に勝ったのか?」
をやってよ。


13 :オーバーテクナナシー:02/02/07 10:33
一々手間掛けさせんなや
        V
     ∧∧  ミ _ ドスッ
     (   ,,)┌─┴┴─┐
    /   つ.  終了   │
  〜′ /´ └─┬┬─┘
   ∪ ∪      ││ _ε3
            ゛゛'゛'゛

14 :(-_☆):02/02/07 10:37
 おかしなところは確かにあるけど・・・

 アポロ11号が”あの時、月に到達した事”は事実です。(別にあれが人類最初の
月旅行だと指摘していない事に注意してください)

 まあ、本当のことを言うことが許されない宇宙飛行士さん達はさぞやストレスを
溜め込んだでしょうけど・・・

 追記:元々ケネディ時代に計画されたアポロ計画は、宇宙飛行士を官民わけへだてなく
選抜する事を宣言していました。だが兄弟暗殺後に”軍人”の中からしか選ぼうと
しなかったことにも注意してください。


15 :オーバーテクナナシー:02/02/07 12:51
>>14
プ

16 :オーバーテクナナシー:02/02/07 12:56
もし嘘だったのであれば、何の為に、
アポロ13号の事故がおきたのよ?
地球の周りをぐるぐる回ってたって言うのかよ!?
寝言は寝て言え。

写真が云々は無知な学者でも何でもない一般人が言い出した事です。
DQNな番組見てると、バカになるので止めておきましょう。

17 :オーバーテクナナシー:02/02/07 13:23
糞スレあげんな!

18 : :02/02/07 13:27
>>14

 では最初の月着陸はいつだって言うんだい?

 家にある30〜40年程前の資料を見るとあんたの言う通りらしいが・・・
 軍人のみで固めたのは口封じのためだといいたいわけ?

>>16

 同感だよ。だけど、着陸船の機材が割り出したデータを学者ドモが「科学的に
ありえない」とか言って歪曲したり隠蔽した事がああいう誤解を生む下地になっている
と思うよ。

 例えば月の石に大量の”酸化鉄”が含有されている事が、(1970年代には)
ストレートに言及されなかった事を漏れは確認している。(20数年ほど前だが
参考書に始めてそのことが”元素の含有量という形で”指摘されているのを
見て驚きかつ怒ったことを今でも覚えている)

 おまけに月のカラー写真までがあちこち改ざんされていることを漏れは
1970年代と1980年代後半の(それも中学生用の)教科書や参考書の資料を
比較する事で説明できるよ。

 嘘だと思うならアポロ着陸間もない頃の月面写真見てご覧。
 月面全体が緑色だったり青だったり、茶色(これが本当の色)だったり
している。

 ああいうひどい歪曲に一言もケチつけないんだからよほど航空宇宙に関する
情報の思想統制は徹底していると思われ・・・

19 :オーバーテクナナシー:02/02/07 13:27
ホント最近くだらない番組多すぎ
視聴率稼ぎもいいけど、あんな番組みてたらバカになる

今のマスコミはホントバカ、日本人もどんどん頭悪くなってんの?
あんなものに魅かれて大騒ぎするなんて

20 :オーバーテクナナシー:02/02/07 13:43
>19
>ホント最近くだらない番組多すぎ
漏れの子供時代も相当なもんだったが、全員集合とか第3の選択の謎とか・・・
>視聴率稼ぎもいいけど、あんな番組みてたらバカになる
与太話だと判ってて見る分には楽しめるんだけどねぇ
>今のマスコミはホントバカ
NHKでさえ「リレーってなんですか?」だもんね
>日本人もどんどん頭悪くなってんの?
間違いなくなっている
>あんなものに魅かれて大騒ぎするなんて
頭悪いから・・・


21 :オーバーテクナナシー:02/02/07 14:07
なんか必死だな。

22 :オーバーテクナナシー:02/02/07 14:12
>18
>おまけに月のカラー写真までがあちこち改ざんされていることを漏れは
>1970年代と1980年代後半の(それも中学生用の)教科書や参考書の資料を
>比較する事で説明できるよ。

いや、NASA自身、写真は加工済みって発表してるだろ。
月から持って帰るときの放射線被爆でフィルムが駄目になっちゃったのを
頑張って復元しようとした結果が、アレ。


23 :オーバーテクナナシー:02/02/07 14:19
既視感を感じてんだけど、昔あった第三の選択を思い出したよ(ワラ
基本的には同じ話だよなこれは。覚えてる人いるだろうか。

24 : :02/02/07 14:28
>>22

 それで緑色はないだろ!緑色は!!(怒

 しかもだよ!月の土や石に酸化鉄が大量に含まれている事が明確に発表されるまでは
(来日していた)宇宙飛行士たちは月の地面の色を青っぽい灰色とか言っていたぞ!!

 わざととは思わんのかい?

 通常のビジネスで同種のことが起こったら、スキャンダルになるだろうが!

25 :オーバーテクナナシー:02/02/07 14:42
いったのは確かだと思うが、変だと思えば変な点がいくつかあるみたいね。
今でこんな感じじゃ、アポロ着陸を実際に体験してる世代がいるうちはい
いが、半世紀以上あとになったら信じない人が大量に出てきかねんなあ。

26 : :02/02/07 14:57
>>25

 漏れは月面に人類社会の将来を大きく左右する資源鉱床(おそらくは高エネルギー源として
利用可能な資源・・・未知の放射性物質?)が見つかったのをごまかしていると見ている!

 高精細度の月面写真がほとんど未公表なのも、月面の色が変えられているのも、月の資源を
隠蔽するためではないかと思われ!!


27 :オーバーテクナナシー:02/02/07 15:07
月面着陸をリアルタイムで見てドキドキしてた餓鬼のころ、21世紀になったら
自分も月まで、最低でも宇宙ステーション行けるかも?とか思ってたもんだ。
ところが満足な宇宙ステーションもできてやしねえ。今のバラックみたい代物を
見てたら、30年以上前に月に行ったなんて信じられない世代が出てきても不思議
じゃないね。

28 :オーバーテクナナシー:02/02/07 15:11
月面反射鏡(アポロが静かの海に設置した鏡)にレーザー当てると
ちゃんとレーザーが跳ね返ってくるよ。大学のときこれで月までの
距離を測定したよ。
これも俺が騙されてんの?

29 :22:02/02/07 15:23
>24
まあ、緑色はヘンだろうけど、言いたかったのは
「NASAは最初っから、みずから画像加工したことを公表している」ってこと。
それに、もし本気で隠蔽するつもりなら、そんなすぐバレる嘘はつかないでしょ。
あと月面飛行士はサンバイザー越しに景色を見ているから、色は違って見えるよ。

>25
月面に次世代核融合の燃料であるヘリウム3が豊富に存在することは、
別に秘密でもなんでもない周知の事実。

30 :25:02/02/07 15:31
>29
>月面に次世代核融合の燃料であるヘリウム3が豊富に存在することは、
>別に秘密でもなんでもない周知の事実。

一応、その話は知っておりますが・・・・
それにしても私の発言と何の関係が?
26さん向けならまだ分かりますが。

31 :22:02/02/07 15:38
>30=25さん
あ、まちがえた。>26さん宛てです、スマソ。

32 : :02/02/07 15:39
>>29

 違うな・・・別な場所で別な宇宙飛行士に聞いた人は別な色を指定していたりした!

 そのほとんどに共通するのは”(酸化鉄の)赤茶色”を避けていた・・・という事だ。

 それからヘリウム3の事はとっくに知っているよ。

 漏れが指摘したいのは別なもの(カラー写真で見ると偏在性が明確に出るもの)だ。

 君は月の海側にやたらと強い放射能が計測されているという話を聞いていないのか?

 又、レアメタルも豊富な模様(月の石のデータからこの事実は確認されているが、
具体的にどこにどれくらい分布しているのかは未公開)。


33 :オーバーテクナナシー:02/02/07 15:49
ここにもあったYO!
http://asian.elitecities.com/books/pics.html

34 :オーバーテクナナシー:02/02/07 15:54
>>32
サンバイザーには金メッキが施されているから、
飛行士の言っている色は当てにならないと思う。

君は何を言いたいんだ?
アメリカが月面に何かを隠していると言いたいのか?
放射能が計測されるから何と言いたいんだ?
レアメタルの散布も糞も、着陸した地点が少ないからろくなデーターは無いと思うが?

トンデモサイトの制作者なのか?
何かとアメリカの陰謀に結び付けようとしているように見えるが?

35 :22:02/02/07 15:58
>32さん
人によって色が違って見えるのは当然だと思うけど……。逆に、
「赤茶色にはどうしても見えなかった」ってことが、サンバイザーと
色がかぶっていた証明になる気が。

>月の海側にやたらと強い放射能が計測されている
これは初耳なんだけど、ソースきぼんぬ。それと、なにと比較して「やたらと強い」
って断言できるのか、も教えて。

>カラー写真で見ると偏在性が明確に出るもの
可視光線による観測だけでそれほど明確な差が出るとしたら、別に月まで行かずとも
地上から観測していても十分発見できそうだと思うのですが?
ことに最近では、スペクトル分析で他の恒星系に存在する惑星の大気組成までも
調べることができる時代なんだし。

それに、仮にそれらすべてが本当だとしても、なおさら
なぜアメリカがアポロ計画を途中で打ち切ってしまったのか、
説明できなくなってしまうとおもうけど?

36 :オーバーテクナナシー:02/02/07 16:11
32は逃げだした。
3G手に入れた。
経験値が5あがった。

37 :オーバーテクナナシー:02/02/07 16:14
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/1010832156/
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/space/1001217548/
おい、お前等、重複の上マルチポストで削除依頼出ているスレで
語ってんじゃないぞゴルァ!
        V
     ∧∧  ミ _ ドスッ
     (   ,,)┌─┴┴─┐
    /   つ.  終了   │
  〜′ /´ └─┬┬─┘
   ∪ ∪      ││ _ε3
            ゛゛'゛'゛
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ray_fyk/diary/dr0010_3.htm#001026
↑既出だが過去レス読めない奴が多すぎるので改めてプレゼント

38 :22:02/02/07 16:25
>37
いや、知ってたけど、せっかくだし。

39 : :02/02/07 16:43
>>32

 アポロ宇宙飛行士の船外活動服のバイザーに金メッキがある事ぐらい知っている。

 だがあのサンバイザーごしに外を見ると赤茶色の大地が青白く見えるというのは
どういう理由か?

 それから、聞く場所や時間が違うと、別な色を指定した飛行士もいたよ。(これは
どういう事だ?)

 そしてNASAがようやく月の石に含まれている鉄が酸素と結合したもの(酸化鉄)である事を
認めたとたん、以後発表された写真が赤茶色になったのは何故だ?(それまで本当の色を忘れていた
というのか?普通そこまでされたら馬鹿にされていると思うもんだが・・・)

 >>35さんの意見も漏れなりに考えた。地球からは月の海は常に正面を
向いている以上、観測されやすい事は確かなのだから。

 だがよく考えて欲しいのだが、民間のどの研究機関が月の資源分布を調査
しているのだ?

 目の前に何があろうが調べてその結果を公表する人間集団がいなければ、
結局何もわからずじまいでは?

 第一、高精細度の写真がほとんどいまだに公表されていない事の説明には
全然なっていないが?(調べて容易にわかるデータなら非公開というのは
おかしすぎる)

 それともそうした調査は本当に個人でも容易に可能なのか?

 可能だという人はひも付きでない民間で月の資源データ分析をしている所を
教えてみそ。

 月の海の放射能が強かった事は(20年程前の私の大学時代に)宇宙飛行士の
医学データを調べていた人から教えてもらいました。

 彼の話では、「船外活動時間が余り長すぎた場合、身体各部が癌にかかる恐れが
あるほど強い放射能にさらされていたようだ」との事。(詳しいデータを
書いたメモが今見つからないので、それがアポロ何号のことか、月の海のどこを
調査中での事なのかを書けないのが残念。)

 それからアポロ計画だけど、私はアポロ中止後、その発展型の宇宙開発が軍の手で
密かに遂行されたと思う。(兵器輸出までやって大儲けしている米軍の宇宙開発予算は
アポロの十倍はあると聞いております)

 さらに米軍基地を高空から写したものの中に、異常に巾がでかく全長も
数十キロもの超巨大滑走路が設けられているものがある事を10数年前に
聞いています。

 それを教えてくれた知人は、水平離着陸型スペースシャトルの開発と
試験運用がそこで行われているのではないかと、当時見ておりましたが・・・


40 :オーバーテクナナシー:02/02/07 18:28
>そしてNASAがようやく月の石に含まれている鉄が酸素と結合したもの(酸化鉄)である事を
>認めたとたん、以後発表された写真が赤茶色になったのは何故だ?(それまで本当の色を忘れていた
>というのか?普通そこまでされたら馬鹿にされていると思うもんだが・・・)
……あの、ひっかっかってたんですけど、ひょっとして「火星」とごっちゃにしてません?
(まあ、俺も引きずられてたから偉そうにはいえないけど)調べてみたんだけど、
月表面土壌の主成分は斜長石――カルシウムが豊富、鉄とチタンの含有率は低い――
だってさ。子供向けだけどここ参照↓
http://spaceboy.nasda.go.jp/db/Utyu/Taiyokei/Taiyokei_J/Tuki_A_j.html

>35さんの意見も漏れなりに考えた。地球からは月の海は常に正面を
>向いている以上、観測されやすい事は確かなのだから。
考えるより、調べてください。
ていうか、あれはレトリックだったんだけど。「カラー写真を公開したくらいで
わかってしまうようなことなら、月に行く前にみんなわかってるよ!」って。
わかんないから今でも月探査機打ち上げてるんですよ。ルナープロスペクターとか、
セレーネとか。

>彼の話では、「船外活動時間が余り長すぎた場合、身体各部が癌にかかる恐れが
>あるほど強い放射能にさらされていたようだ」との事。(詳しいデータを
>書いたメモが今見つからないので、それがアポロ何号のことか、月の海のどこを
>調査中での事なのかを書けないのが残念。)
彼の言ってることは正しい。が、あなたの理解が間違ってます。
それは月面に満遍なく降り注いでいる宇宙放射線の話だよ。
土壌に放射性物質が含まれてるって意味じゃないよ。
ていうか、放射能と放射線の違いわかってますか?
 
>それからアポロ計画だけど、私はアポロ中止後、その発展型の宇宙開発が軍の手で
>密かに遂行されたと思う。(兵器輸出までやって大儲けしている米軍の宇宙開発予算は
>アポロの十倍はあると聞いております)
「思う」じゃなくて、そういうことはちゃんと調べてから言ったほうがいいと思います。
はいここ↓ アポロの予算総額も載ってます。
>http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4025/Budget.html
アポロ以降アメリカの宇宙関連予算は削られっぱなしで、そのせいで
現行のスペースシャトルもあんな中途半端になったし、今また元国税庁の高官が
NASA長官に就任してISSの規模縮小なんてやってるんだよ。

>さらに米軍基地を高空から写したものの中に、異常に巾がでかく全長も
>数十キロもの超巨大滑走路が設けられているものがある事を10数年前に
>聞いています。
それは秘密でもなんでもないです。ホワイトサンズの10km滑走路などは
スペースシャトルの3回目の飛行(1982年)で着陸に使われました。もちろん公開されてね。
てゆーか、スペースシャトルで上がれるのはせいぜい高度500km程度までで、
とても月まで行くことはできませんて。
それとも秘密裏に新型シャトルが開発されてたとでも?

41 :オーバーテクナナシー:02/02/07 20:14
アポロって1回1兆円じゃなかったっけ?
それだけの金を外部にばれないように調達・使用することは不可能かと。
兆の金が動くと、経済に無視できない影響を与えるかと。

42 :オーバーテクナナシー:02/02/07 22:27
俺なら1兆つぎ込んでも、国の広告にしかならないなら、
一度成功したら止めるよ。
余ほどのことが無い限り、無駄に行こうとはしない。
アポロ以来人類が月に行かないからといってDQNな妄想をしてる奴らは痛いと思う。
1兆も使うなら空母作ってる方がまし。

43 :オーバーテクナナシー:02/02/07 22:59
アポロが最後に月着陸したのが'72。ちなみに、同じ年にスペースシャトルの
基本設計方針が策定されている。
その後余ったサターン5ロケットを使いまわしたスカイラブ計画('73-'74)、
アポロ=ソユーズ計画('75)があった後、空軍主導の
シャトル計画(ダイナソア)が予算の都合でボツになって、
ようやっとスペースシャトルが初飛行するのが'81。

秘密計画の介入する余地なんかありませんて。もしあったらソ連が騒いでるよ。

44 :オーバーテクナナシー:02/02/07 23:12
>可能だという人はひも付きでない民間で月の資源データ分析をしている所を教えてみそ。

アポロ計画で持って帰ってきた岩石は世界中の大学・研究機関に配られて調べられたよ。
もちろん成果は論文として大量に公開されてる。
そのおかげで、月の進化の歴史なんかが一気に明らかになったんだよね。

>39よ、お前は「人類月に立つ」でも見てきなさいってこった。

 

45 : :02/02/08 10:11
>>41

 予算に関しては再調査してみるよ。でも漏れの見た資料では、初期はともかく
後期はかなり安価で打ち上げ可能な状況だった。

 それから秘密計画の介入する余地なら軍内部でやりようはあると思うが?

 因みに宇宙開発に詳しい知人は米国の宇宙開発の主流組織は”徹頭徹尾米空軍”と断言し
ていた。

 彼の話ではNASAの本当の役目は遅くとも1960年代初頭に終了し、アポロ計画が
成功を収めた頃には軍内部で行われていた真の宇宙開発から世間の目をそらすための
広告組織と化していたとの事だ。(詳しい話を聞けたらそのメモを投稿する。)

 まあ過去の米軍が何を打ち上げたかなんて、確かに不透明な部分が多い。
(NROという偵察衛星運用機関に関してさえ長期にわたって知られずじまいだった
し・・・)

 公表されたデータだけを見て秘密計画の介入する余地がないという>>43は権力者という権力者が
うそのつけない正直者揃いだと思い込んでいるのか?

 ちなみにソ連と米国の宇宙開発の動きを見ると妙に分担し合っているように見えるのだが?(これも偶然か?)

 第一、ソユーズとスカイラブのドッキングだってカナーリの部分まで情報交換しないと出来ませんって。
 でも彼らが(冷戦中に)いつそれをやったのかを説明する材料はそれ以前の刊行物で見た覚えなし!
(後付の説明ならば信用するかね?)

 両国の支配層が宇宙に関してなんらかの協力関係を持っていても不思議ではないと思われ。


 それから>>44>>39の質問をずらして答えているように見える。

 >>39の文を見ると月面の資源分布の調査ということだろ?

 月の石が配られたといっても、多数撮られたはずの高精細度写真も同様に公表・配布しなかっのは何故だ?
 あれでは採取した月の石に関する分析も不十分になると思うぞ。

 さらにあれが本当に月の石だという確認はやったのか?(あの頃のウォーターゲート
スキャンダルの騒動を見るとなんか米国って些細なことでも人を騙す国に見えたのだが?)

 あとでその辺の石ころか、別系統で保管されていた隕石でごまかしたなんて暴露されたら
笑えるぞ。


46 :オーバーテクナナシー:02/02/08 10:34
>>45
常々思っていたのだが、君は他の人のレスに、
反論するレスをつけてるだけで、
自分はどう考えているかを明確に表していない気がするのだが?

まずは、自分の持論を全て書いてから反論してくれ。

アメリカとソ連が何かしらの裏での結束を行っていて、
月にある重大な秘密を隠しているとでも言うのでしょうか?
月に関して発表されているデーターは、地球から見て分かるもの以外は分からないのでしょうか?
アメリカの政府は裏で秘密結社に操られているとでも考えているんですか?

47 :オーバーテクナナシー:02/02/08 12:24
偵察衛星こそ軍事機密中の機密。

後半はかなり安価になるか?
もともとの値段が値段だから、安くなっても大層なお値段と思われ。
月面に金の延棒でも置いてあって、それを満載して帰るとかいう
シチュエーションでないかぎり、アポロで経済的に利益が出るとは思われず。

48 :45:02/02/08 14:42
>>46

 持論ねえ・・・宇宙開発に関して語ろうとしたら、その計画にGOサインを
出したり煽ったりした政治や軍や諜報関係者の思惑まで語らなければならない
ので、どんどん本題から離れるような気がするのだが・・・

 第一、ああいう世界の人間の真意を民間人の漏れが知るのは奇跡でもない限り不可能だと思われ・・・
 
 でもまあ、あくまでも妄想として漏れの意見をまとめると

 ”かつての”NASAは、核戦争後の地球からエリートを避難させられる
惑星環境の捜索・探査を目的として活動していた?

 過去にNASAが公表した月や火星のデータに関しておかしなものがあった
のは、避難先の候補地や計画推進の策源地としての可能性を一般に気づかせないためではないか?

 こうした計画に米ソが協力したか、黙認していたのかは判らないが、少なくとも
英国や他の先進国(米国の風下にある国々)もある程度知らされていた?
(それによって、世界中の有力な学者や言論界にも政治的な圧力さえ可能。)

 これは私なりの推理なのですが、世界主要国の支配層は地球を何十回も滅ぼすほどの核
兵器システムを作り上げた時点で、それが暴走するか、もしくは技術情報の抑止失敗による
混乱と世界滅亡を懸念して、地球脱出を考えた可能性はあると思います。

 その為に(表面的には)敵対している連中同志が手を結ぶことがあっても
不思議はないと思いますよ。

 権力や金力に取り付かれた人間というのは自己保存の念だけならヘビよりも
しぶとい連中ですから・・・

49 :オーバーテクナナシー:02/02/08 16:00
テレビの内容よりも電波が強いとは…。

50 :オーバーテクナナシー:02/02/08 16:06
>>49
電波もなにも、こいつ古のテレビ番組「第三の選択」をそのまんま信じているただの馬鹿じゃん。

51 :オーバーテクナナシー:02/02/08 17:02
アメリカが世界についた大嘘
その通りだったら凄いね
日本の憲法第9条と自衛隊並の大嘘だね
日本も火星着陸でそれやって浮いたお金で不良債権棒引き

52 :オーバーテクナナシー:02/02/08 17:43
>テレビ番組「第三の選択」
アメリカではスタッフロールの製作日4月1日(エイプリルフール)を見てバカ受けジョークで済んだのが
日本のマスコミが日本語版を放映した時、このスタッフロールを流さなかったのでマジだと信じたDQNが
大量生産された。日本のマスコミは誤解を解くどころか、これを繰返しネタにして収入源としている
アメリカ陰謀論よりもマスコミ陰謀論の方が現実味があるのだが、そっちはどうなった?

53 :オーバーテクナナシー:02/02/08 18:17
第三の選択は本も何種類か出版されて、当時のベストセラーになった
んだよね。俺は当時消防か厨一ぐらいだったと思うが、なかば本気で
信じていたなあ。ああ若気の至り(ワラ

>大量生産された。日本のマスコミは誤解を解くどころか、これを繰返しネタにして収入源としている
こういうの忘れた頃に毎度やられると、そのうち信じる人が大量に出てき
そうだ。時間が立てばたつほど事実は風化するし、ちと怖いね。

54 :オーバーテクナナシー:02/02/08 18:32
>53
うを!同年代の同志ハケーン!
漏れも当時、第三の選択はカナーリマイブームだったのだが
うちの親が「アポンか貴様!そいつは嘘記事ばかり書いている与太作家だ
そんな物読んでいる暇があったら勉強しろ!この糞餓鬼が!
何時までも脛齧ってるんじゃないぞゴルア!」と叱ってくれたので目が醒めましたハイ

55 :オーバーテクナナシー:02/02/08 18:53
親の意見とナスビの花は 千に一つの無駄もなし。あーこりゃこりゃ

56 :オーバーテクナナシー:02/02/08 19:18
> 因みに宇宙開発に詳しい知人は米国の宇宙開発の主流組織は”徹頭徹尾米空軍”と断言し
>ていた。

宇宙に行くことが危険だからに決まってるじゃんか。
さらに一定の飛行時間を有して、学歴もある人間を集めるとなると、空軍から人間を
引っ張ってくるのが一番手っ取り早いからだろ。




57 : :02/02/08 20:20
 第三の選択ねえ・・・

 第三の選択というのは加速した環境破壊で人が住めなくなった地球を捨てて
エリート共が脱出するという話だろ?

 核戦争の原因を作った奴らがいざという時地球を捨てて脱出というのとは違うな。

 むしろ>>48の意見は第三の選択が話題になる何年か前に出ていた「地球破壊」
という本の内容を思い出させる。

 たしかあれは核を含む(当時としては)最新兵器による戦術戦略論を紹介した
本だった。

 ほんの末尾に核戦争で地球がゴーストプラネットと化しても生き残れるように
火星に基地をあらかじめ作るという考え(米軍事筋の発想らしい)が紹介されていた。


58 :45:02/02/08 20:23
>>57

 大当たり!!

 第三の選択という指摘は予想していたけど

 あれが「地球破壊」から来た発想だとよくわかったな!!

59 :45:02/02/08 20:39
 ついでに「>>50は人の心を読む能力無し!」と追加ね。

 ここで話すけど「第三の選択」というのはアングリアTVフィルムという英国の民放が
作った冗談番組だとされているね。

 後に日本のフジテレビが新聞の放送欄のスケジュールを無視して(本来なら
「スパイ大作戦」があるはずだった)一時間枠で放送したのだが、なぜか
コマーシャルなしという奇怪なやり方で放送したため、様々な憶測が乱れ飛んだんだ。

 ちなみに放送中のテロップを見た奴の話だとそれとなくエイプリルフール
のジョーク番組でもありますよというような暗示が為されたらしい。(マスコミ
陰謀説もむべなるかなだ)

 だけど私の考えの大元のネタは第三の選択以前に出た本で「地球破壊」というものだ。

 まあ、子供だった私はこの本でこういう兵器(核など)を生み出す権力者達が
自分達の利権を生み出した兵器で世界が滅びるときにいさぎよく死ぬだろうか?と
妄想したわけだ。

 まあ数年後(大学一年)にフジで密かに放送された第三の選択の話を聞いた時には
驚いたけどね。(たしかに私の考えと似ていた。)

60 :45:02/02/08 20:47
>>56

 知人の指摘ではNASAの宇宙計画とは別個に10倍近い予算で空軍が
戦後長期にわたりやっているとの事。

 NASA以上の何かが生み出されてもおかしくないのに空軍からスピンオフされた
技術で建造されたスペースシャトルが最先端の宇宙船というのは明らかにおかしい
との事でした。

61 :45:02/02/08 20:58
 なお。バイキングが撮ったという火星地上の写真を見たときは笑ったよ。

 コスモスという科学番組(司会者は故カール・セーガン)で出ていた奴を
ビデオで見たんだが、火星をテーマにした回で(写真の一角に移りこんでいた)
バイキングの船体までピンク色になっていた!(他のビデオや機材で見ても同じ
だったから、色調整のミスではない)

 何年か後にNASAの発表で同じ写真が見事に修整されて白色に直されて
いたんだからさらに笑ったよ。

 「これでは全面緑色の月写真と同種の詐欺だ」と感じたね!


62 :オーバーテクナナシー:02/02/08 21:08
ネタの出元は分かったけど、
それを信じているのか…。

63 :45:02/02/08 22:01
>>62

 信じているというよりも、「その可能性を疑っている」だよ。

 真実なんて神ならぬ身の私にはわからない。

 でも「地球破壊」を読んだ影響で大国の軍事システムや、それを形成させている
権力者の非日常的な冷酷さと利己性を考えると「あいつらなら、神さえ騙そうとするだろう」
という考えが私の中に出来た事は確かだ。(政治の裏側で行われていることなんか
知らない奴が見たら信じられないほどの詐術だよ。)

 その為か、世界の主だった権威者たちがお墨付きを与える常識に無条件の信頼を
寄せられなくなったね。

 でも様々な角度から調査して「矛盾がない」と判断したら信じる事にしている。

 だから私はアポロ11号は月に到達したと信じられるし、宇宙服無しでいきなり
火星に放り出されたら死ぬと思うよ。

 でもデータがいくらか捻じ曲げられたり、重要なデータが隠蔽されているとしか
思えない感触も得ているわけだ。

 それゆえ、今現在も疑惑は晴れないというわけ。

 まあ、その意味で月の地面には氷の形で水が各所にあると思うし、
火星の大気圧はNASAのデータよりも高いと考えているわけだ。

 ついでに火星の地上で下等な植物(せいぜいコケ類)が存在する可能性も
無視できないと思う。(季節の移り変わりとともに地上の色彩が変化すると
いうのは植物の可能性を暗示していると思う。)

64 :40:02/02/08 22:17
>因みに宇宙開発に詳しい知人は米国の宇宙開発の主流組織は”徹頭徹尾米空軍”と断言していた。
もしその「知人」とやらが実在するなら、そいつは
電波か大ウソつきか単なる知ったか野郎だ。
戦後の米国ロケット開発は陸・海・空三軍の激烈な主導権争いの歴史だよ。
50年代初期に陸軍のレッドストーン、海・空軍のヴァンガードが互いに主導権争いをしている
間にスプートニクに先を越されたのは有名な話だし(ちなみにこのときは
ヴァンガードが失敗した後、フォンブラウンのレッドストーン=ジュピターが
アメリカ初の人工衛星を打ち上げるという栄誉を勝ち取った)、
「マーキュリー7」の選考過程で海軍出身3人、空軍出身3人が決まった時点で
残りの1人を誰にするか迷った挙句、角が立たないように海兵隊出身者を選んだ、
なんてエピソードもある。
他にもいくらでも例は挙げられるけど、このへんは的川泰宣・宇宙研教授の一般向け好著
『月をめざした二人の科学者』(中公新書、2000年)に詳しいから、とりあえず読め。
ついでに、なかなか知る機会の少ないソ連の事情についても知ることができて興味深いぞ。

>第一、ソユーズとスカイラブのドッキングだってカナーリの部分まで情報交換しないと出来ませんって。
>でも彼らが(冷戦中に)いつそれをやったのかを説明する材料はそれ以前の刊行物で見た覚えなし!
これは誤解されやすい点だね。
実は、冷戦中だからといって、米ソ両国の交流が全くなかったわけではない。
統計を調べればわかるとおり、研究所や大学レベルではむしろ積極的に留学生を交換していた。
アポロとソユーズの(スカイラブって書いてあるけど間違いだよ)ドッキングも、
そういう草の根レベルの学術交流がはぐくんだ計画なんだよ。
むしろ、支配者層がいっくら意気投合したところで、現場の人間が
何にも知らないんじゃあ、何もできないんだぜ?

>61
>何年か後にNASAの発表で同じ写真が見事に修整されて白色に直されて
>いたんだからさらに笑ったよ。
これはねー、何年か後じゃないよ。最初に公開した直後だよ、修整したのは。
あれは本物のカラー写真じゃなくて、擬似カラー写真なの。
モノクロ写真に手作業で彩色したものなんだよ。それで、最初は意思伝達ミスのせいで
現場の職人さんが間違って塗っちゃったんだよ。
まあきっと>45は「それこそ隠蔽の苦しい言い訳だ!」なんて言うんだろうけどね……
それにしても、やっぱり最初の「酸化鉄」うんぬんは火星と混同してたんだね。

ていうか、全体的に事実誤認が多すぎ。考えなくていいから、
ちゃんと調べてから発言してくれ。

65 :40:02/02/08 22:23
とか書いてたらもう次の発言が。質より量ですか。

>季節の移り変わりとともに地上の色彩が変化すると
>いうのは植物の可能性を暗示していると思う

1960年代までの百科事典にはそう書いてあるけどね。
ヴァイキング以降、アレは砂嵐のせいでそう見えるんだろう、ってことで大体話がついてる。
かつてパーシバル・ローウェル以下無数のアマチュア天文ファンが
火星に運河を「発見した」ときと同じように、願望が招いた幻だったんだろうね。


66 :45:02/02/08 22:33
>>65

 そう説明されている事は想像できるけどね(要するに生命が存在しにくいという方向で
考えると不思議とNASAの”説明”が事前にわかってしまうから面白い)・・・

 でもどうして星を包むような感じでくねった帯状に砂嵐が発生するんだい?

 話はついているって言ってもねえ・・・後でやっぱり植物らしいなんて後出しが控えている予感がするよ。

 月の大気や氷の存在だって結局そういう後出し情報でその存在がほのめかされてきたではないかい?


67 :45:02/02/08 22:40
 ちなみに火星の植物に関する話は”運河観測”が発端になったんだ。

 ローウェルがスケッチした火星の模様が運河に似ていた事から観測が始まったんだが
当初は運河と思われていたそれが、時期によって微妙に形を変えてくる事から植物相では
ないかという予測が為されたわけだ。(運河云々を別としてプロもそうした観測に
加わっていたよ。)

 ちなみにバイキングの着陸予定地点の最大候補もそうした”季節による色の変化が激しい
場所”だったそうだが(あの時まで専門家もその可能性を疑っていたわけだ)

・・・やはりというか予定で終わった・・・

68 :40:02/02/08 22:52
オレも大概しつこいけど。

>それによって、世界中の有力な学者や言論界にも政治的な圧力さえ可能。

フォン・ブラウンは逆に政治を利用しまくった科学者だぜ?
「金が出るならどこでもいい」とばかりにナチスに資金援助を受けてV−2を開発。
しかも、そのくせナチスに批判的な態度を取りつづけるものだから、何度も投獄寸前までいった。
それでも逮捕されなかったのは、ナチス指導部がフォン・ブラウン抜きでミサイル開発を
続けられないってことを理解していたために、
いやでも彼の振る舞いを黙認せざるを得なかったからなんだよ。

しかも戦後は旧敵国だったアメリカに投降して、今度はアメリカで研究を続けた。
ナチスに加担した人間なんか雇うな、って批判も何度も出たけれど、
やっぱりフォン・ブラウンに研究をやめさせることは誰にもできなかった。
ただでさえ50年代のアメリカはソ連に大幅な遅れを取っていたからね。
せいぜい、レッドストーンの打ち上げを遅らせることしかできなかった。

フォン・ブラウンほど悪魔に魂を売ってなくても、たいていの科学者は
「政治の圧力に屈して学問的良心を売り渡すくらいなら、そもそも科学者なんかにはならない」
って考えてる。

69 :オーバーテクナナシー:02/02/08 23:00
45って将来、日本が月探査衛星を打ち上げて、
それが失敗したら、アメリカの陰謀だ!とか政府の陰謀だ!
とか言いそうだな(w

70 :40:02/02/08 23:05
まだあったか。

>でもどうして星を包むような感じでくねった帯状に砂嵐が発生するんだい?

……あのさ、「偏西風」って知ってる? 地球を蛇行しながら取り巻いてる激しい風の流れなんだけど。
実を言えば、地球の気象についてさえ、そのメカニズムはよくわかっていないことが多い。
この偏西風にしても、自転の影響で生まれるらしい、ってことはわかっていても、
どうしてそういう経路をたどるのかはいまだわかっていない。
火星ならなおさらだよ。だから今でも各国が頻繁に探査機を打ち上げてるの。「のぞみ」とかね。

「わからない」=「隠してる」って思うの、やめれ。
それからそのい〜かげんな「知人」の話を聞くだけじゃなくて、
自分でちゃんと1次資料に当たって調べなよ。
君は「政府が情報をゆがめてる」って言うけど、真実は
その「知人」とやらが君に入れる情報をゆがめてるだけだよ。
なんつったって「徹頭徹尾米空軍」なんてほら吹いてるくらいだし。

てゆーかさ、君が「民間人には知りえない重大な秘密」って思ってることをさ、
その「知人」はどうして知ることができたの? アメリカの高官かなんかなの、その人?

71 :オーバーテクナナシー:02/02/08 23:10
アメリカが本気で秘密にしてる事を喋ったら、
絶対に命は無い者と思われ。

72 :40:02/02/08 23:20
>67
>ローウェルがスケッチした火星の模様が運河に似ていた事から観測が始まったんだが
ほら、これも知ったかぶってボロがでたね。誤認です。

近代火星観測の歴史は1878年火星大接近時におけるスキャパレリの観測にはじまる。
スキャパレリは自身の観測を元に、火星には"Canali"(伊語で「溝」という意味。
「運河」という意味はない)がある、と発表した(実はこれも錯覚だったんだけど)。
ところが、それが英訳されたときに"Canal"=運河と訳されてしまった。
それを読んだアメリカの富豪パーシバル・ローウェルが早合点して
私財を投げうって天文台を作り、先入観を元にした観測結果から
「火星には運河がある」って言い出した、ってのがことの真相だよ。
>45はこの、スキャパレリとローウェルの業績を混同している。

つーか、この程度の陰謀でもなんでもない、それこそ子供向けガイドブックにすら
載っている事実さえ間違って思い込んでる人間に、より厳密な証拠が
求められる問題を語る資格はないと思うんだが、どうか。

>69
実は今でも、アメリカの火星探査機が失敗するたびに「隠蔽工作だ!」って騒ぐ連中がいる……



73 :40:02/02/08 23:45
とりあえず、以下に君のこれまでの主張と、それに対するオレの疑問を書いておくから、もう一度きちんと説明してくれ。

1)月の石の主成分は酸化鉄である。
 →月の石の主成分は斜長石であり、白っぽい茶色に見えるはず。

2)月の海側にやたらと強い放射能が計測されている。
 →海側に限らず、月全体で満遍なく強力な放射線が計測されているが?

3)NASAの訂正発表以後、写真に写っている月の地表が「赤茶色」に修整された。
 →「赤茶色をした月の地表」を写した写真はそもそも存在しない。あるというならソースを示せ。

4)アメリカにおける宇宙開発の主流組織は”徹頭徹尾米空軍”であった。
 →アメリカにおける宇宙開発は三軍の主導権争いの歴史である。

根拠のない憶測には目をつぶるとしても、君の発言には事実関係だけをとってもこれだけの食い違いがある。
きちんと説明してくれたまえ。

74 :オーバーテクナナシー:02/02/08 23:45
天然記念物が見れるスレとはここのことでしょうか?

75 :オーバーテクナナシー:02/02/08 23:51
ゆけーゆけー
かーわぐちひろしー





                  (ゴメン。本当はこの歌知らんのだ)


76 :45:02/02/09 00:23
>>70

 言い方がまずかったかな・・・資料を見ると変色部分は時に大きな海のように
広がったり、巨大な網のようになったりしている。

 しかも火星の極冠が夏に小さくなると極地の色彩が暗くなるというのは偏西風云々とは異なる現象ではないかい?

 しかも同時に濃緑色地域が運河のような模様を描いて拡大というのは四季の変化による気温の上昇と大気中の水蒸気
濃度上昇による植物相の変化を感じさせると思うが?

 NASAが説明するととたんにそういうデータまで忘れて全てを偏西風と砂嵐のせいにするのかい?

 それならバイキングの船体までがピンクになったのも偏西風の御影響というわけか?

 数年後に同じ写真が白色に修整されたのも偏西風について解明が進んだ結果かね?


 それから知人(かなりの年配です)は仕事で米国へ時々行っている医学者だよ。

 彼の情報源は60年代から70年代前半の宇宙開発計画に詳しい退役軍人との事だ。

 知人の話では宇宙開発の実権は国防省(空軍)の監督下にあり、一般人に
見せるものは主にNASAで、極秘のものは空軍の直接監督下で開発する
というものでこの事自体は特に重要機密でもなんでもない。(宇宙開発部門
に対する空軍の発言力は北米防空司令部の存在を見ても理解できると思うが?)

 知人はこういう状況を指して宇宙開発はNASAが中心というのはおかしい。と語り
NASAの宇宙開発は事実上米空軍の宇宙開発計画の一部ではないかと指摘したわけだ。

 まあ、その事から空軍の保有する技術でも比較的古いものがNASAの宇宙開発に使われて
それがハイテクだと一般人は思わされていると考えていたようだ。(バイキングにしても
スペースシャトルにしても所々にやけに古くて低性能の機材や部品が使われているとよく聞く。)

 なお、NASAの前身であるNACAの記録を見るとNASAが元々軍用
航空技術の研究機関だった事は明白だ。(その研究内容から見ると現空軍である
陸軍航空隊とのつながりは深い事がわかる。)

77 :オーバーテクナナシー:02/02/09 00:34
だから何度も指摘されてるけど、バイキングが撮影した火星の写真は、
たとえば青空バージョンが今日の朝刊に載ったとしたら
明日の夕刊にピンク空版が載ったぐらいのタイミングで修正されたんだよ。
「数年後」ってのはどっから出てくるのさ。

78 :57:02/02/09 00:53
 >>45もよく考え無しで言うから穴だらけだけど>>40もおかしいね。

 赤茶色の月面ならば20年前にアポロの記録映像番組や15年前に本屋の月面写真で
何回でも見たが?

 >>40は見なかったのか?

 >>45はそれと同系の資料を見て土に大量の酸化鉄があると思ったんだろう?

 それから宇宙開発では三軍の主導権争いと言っても、空軍と海軍や陸軍では関与
可能な範囲が違いすぎるし、歴史的に見ても米軍の陸海空対立は理性的な範囲に
とどまっている。

 実態は空軍が主導権を握り、陸軍と海軍が割り込もうとしたという程度だろう?

79 :45:02/02/09 01:00
>>77

 私が確認した限りでは1980年代だよ。

 すでに米国でもおかしいと指摘されていたようだから、突っ込まれないように
修正したんだろう。

 でも本来白色のはずのバイキングがピンク色になることをあんたは修正というんだね。
嘘だと思うのなら、コスモスという20年程前の科学番組の映像を見てご覧。

80 : :02/02/09 01:04
 >>61のスレを見て、昔のビデオを引っ張り出してみたよ。

 たしかにバイキングの船体までがピンクのベールをかけたようになっていた。

 >>40>>57は何か反論してみそ。

81 :40:02/02/09 01:12
>78
スマソ、オレも勇み足でした。オレが見た写真は、白か茶か灰かせいぜい黄土色で、
赤茶色に見えるのがなかったけど、そういうのもあるのね。調べてきます。
……でも、月の表面が酸化鉄ってことは有り得ねー。

>実態は空軍が主導権を握り、陸軍と海軍が割り込もうとしたという程度だろう?
これも言い過ぎでしたね。でも、「徹頭徹尾空軍主導」とか「NASAは傀儡」て言っちゃうと
ぜんぜん違うから……

って、アレですね、大きなでまかせがあるからって小さなでまかせ積み重ねていいってことはないですよね。
反省します。

82 :40:02/02/09 01:22
>80
そう見ようと思えば見える程度。ってゆーか、何度も
『「バイキングの色違いは擬似カラーのデータのズレだ」とNASAは
"初公開直後"に訂正している』って言ってんじゃん!
それがなんで「"数年後"にこっそり訂正」って話になるの? ぜんぜん違うじゃん。

ていうかね、質問してるのはこっちなんですわ。
「月面写真にはおかしなところがある」って>45が主張するから、
「どこよ? ……それならNASAがとっくに認めてるよ。ほら、どこがおかしいの?」
って。

それでは、修正した質問をもう一度。
1)「月土壌の主成分が酸化鉄である」ということの証拠とソースを示せ。
2)「月の海側に限って強い放射能(なにそれ)が観測されている」という主張の根拠とソースを示せ。
>45さん、答えてください。

83 :オーバーテクナナシー:02/02/09 01:23
>>45
君の症状
詳しい話を聞けないメモ、都合よく無くなるメモ、実在しない君の友人
57の自作自演、都合の悪いレスは無視、憶測の域を出ない発言(ソースの一つも出せない)

よって君の負け(w お大事に・・・・



84 :40:02/02/09 01:31
78,81,83の後でこういうこと書き込むのも、厚顔無恥かつ同レベルなはなしなんですけど。
いちお>76の単純な事実誤認について指摘。

> 火星の極冠が夏に小さくなると極地の色彩が暗くなる
極冠の主成分は氷とドライアイス。当然色は白い。が、その下にある地表は赤茶色。
だから極冠が縮めば色が暗く見えてくるのは当たり前。それこそ、偏西風とは何の関係もない。

> 彼の情報源は60年代から70年代前半の宇宙開発計画に詳しい退役軍人との事だ
それって、又聞きの又聞きじゃあ……。しかも、どっちも専門家ですらないし。

>極秘のものは空軍の直接監督下で開発するというものでこの事自体は特に重要機密でもなんでもない
NASAは非軍事、空軍は軍事っておおまかに住み分けている。官僚的で効率悪いけど予算も別々。
だから、NASAが空軍の傀儡って事実は存在しない。それに、空軍のロケット打ち上げ情報は
ほとんど機密指定ですよ。

>バイキングにしてもスペースシャトルにしても所々にやけに古くて低性能の機材や部品が使われている
古くて低性能なパーツを使うのは、それが信頼性が確立されている「枯れた」技術だから。
バグが取りきれてない最新のパーツ使って未知のトラブルが起きたら、宇宙では取り返しがつかないからです。
(余談だけど、今回のH2Aで打ち上げた「MDS-1」って衛星は、そういう最新で安価な民生用部品が
宇宙でも正常に動作するかどうかを1年かけてテストすることになってる。)

85 :80:02/02/09 01:58
 そう見ようと思えばって・・・わしは色盲か?

 今も色調整しながら再生して見ているが、同じ番組の映像なのに
モデルで出ているバイキングの船体と写真で出ているやつは色がまるで
違うぞ!(君も自分の目で調べろよ。)

 念のために80年代の出版物では同じ写真がどうなっているのかを見てみる。


86 : :02/02/09 02:12
>>84

 火星の極冠というのはすべてがドライアイスではなかったのか?
 だから夏にはほとんど消えてなくなるんだろう?

 氷が大量に含まれているのなら火星の極地って夏には摂氏零度を超えるという事か?

 だとすると真夏の赤道はかなりの高温なんだね?

 それから私は某電子部品メーカーで品質検査をやっているものだが、検査内容を
故意に過酷にする事で、最新技術の信頼性を短期で確認できるのでは?

 枯れた技術と言っても、古すぎて量産設備がないような部品で宇宙船を作ると
やたらとコスト高になるだろう?

 予算枠がきついNASAにそんな贅沢は無意味だと思うが?


87 :40:02/02/09 02:15
>80
問題にしてるのはそこじゃないんだよ。
色が違ってるのは事実なの。別にそれがおかしいっていってるわけじゃないの。

NASAは色彩が間違ってることを初公開の”直後”に認めてる。
でも >45や >80はそれは”数年後”に”こっそり”やった、
なんて事実と反すること言ってるから、それを突っ込んでるの。

80年代の出版物は当然修整済みだよ。それじゃなくて、バイキング着陸後
数日間の新聞を、図書館で調べてごらん。

88 :40:02/02/09 02:30
>86
だから、そういうことはちゃんと調べてから言ってください。
ハイこれ↓ 火星の気温ものっているから。
http://www2.crl.go.jp/ka/TNPJP/nineplanets/mars.html
>火星には、ほとんど固体の二酸化炭素("ドライアイス")からなる永久極冠が
>両極にあります(写真7)。北半球の夏には、二酸化炭素は完全に昇華し、
>氷になった水の層が残されます。南半球の二酸化炭素の層は完全には
>消失しないので、南極冠の下に同じような氷の層があるかどうかは分かりません。
>低緯度の地表面下にも、氷が存在するかも知れません。極冠の広がりの季節変化は、
>全球的な大気圧を約25%変動させます(バイキング着陸船地点での測定)。

それと、某電子メーカー勤務ならわかると思うけど、コストとリスクは実は同じもの。
それに加えて宇宙空間ではリカバリが効かないから、ちょっとした部品の誤作動も致命的になる。
だから、安全性が確認されてない部品を使うリスクを犯すより、多少単価が高くても
確実なものを使うのが、総合的なコストを抑えるための宇宙開発の常識。
ちなみにスペースシャトルの主計算機はいまだに486プロセッサ使ってるよ。
それで今、「コスト下げられないか?」ってわざわざ衛星打ち上げてまで
テストしてるんしょうがー。
なお、MDS-1は1年で静止衛星10年分の劣化データを得るため、何度もヴァン・アレン帯を
通過する「過酷な」軌道を取ってる。

ていうか、>45がいなくなってからいきなり >80とか >86が現れたのは
なーぜー。早く質問に答えてー。

89 :オーバーテクナナシー:02/02/09 02:41
アポロ13号は怪しい
アレだけの事故で後遺症もなく無事生還
それを奇跡と言うなら奇跡だが起こる確率が低いのも奇跡だ
しかも大気圏突入時の異常に長い沈黙
何かがあったような気がする。


90 :45:02/02/09 02:50
 では言うけど、私は一枚目の写真が事実か事実に近く。

 二枚目のピンク写真は全面ピンク色にフィルターをかけたと見ている。
(バイキングの船体までピンクになったのはおかしいよ。)

 一枚目の色彩が間違っていたんじゃない!
 二枚目の色彩を故意に間違えて”修正”と称して発表したとしか思えない。

 80年代に出た奴は、二枚目の写真がおかしいという声に対して、言い訳を
立てるために画像処理で船体の部分を白色にするなどしたものだと見ている。
(私がこっそり修正と表現したのはそこだよ。)

 一枚目と二枚目はたった一日間をおいて出た奴じゃないか!(あの当時の新聞なら私も読んだよ)

 それに一枚目と二枚目を良く見てご覧。一枚目は微妙な中間色が良く出ていて
自然な画像だと感じるけど二枚目は違うと思うよ。

 君のほうこそあの当時の新聞でその二枚をよく見てご覧。

 写真だけのことではないよ。
 一枚目の写真が出たときの科学者達の反応はどうだった?

 二枚目が出たときの反応は?

 その上で1980年代以降に出た映像を見てご覧。百聞は一見にしかずだよ。

 それから君は米国社会の権力構造がどういう仕組みで成り立っているのか知らないのか?

 軍の発言力がどれだけでかいか、今の政権を見るだけでもわかると思うが?


91 :40:02/02/09 02:59
> 一枚目と二枚目はたった一日間をおいて出た奴じゃないか!(あの当時の新聞なら私も読んだよ)
それでは、認めてくれたわけですね、「こっそり」じゃないってこと。だってさ、

>80年代に出た奴は〜したものだと見ている
「見ている」ってのは君の考えでさ、要するにはっきりした証拠がないってことでしょ。

WEBにアップしろとまでは言わないけどさ。
百聞は一見にしかずなんて言うなら、すくなくとも書誌データや新聞の日付は
ちゃんと提示しなきゃだめでしょ? 君の脳内だけの真実だ、って言われちゃうよ?

それと、さっきからしてる質問、
1)「月土壌の主成分が酸化鉄である」ということの証拠とソースを示せ。
2)「月の海側に限って強い放射能(なにそれ)が観測されている」という主張の根拠とソースを示せ。
にまだ答えてもらってないけど、
「答えることができない」
「証拠もない単なる独りよがりの思い込みである」
って解釈していいですか? 違うなら答えてください。

92 :オーバーテクナナシー:02/02/09 02:59
 >>40>>45のやり取りを見ているうちに判らなくなったんだが・・・

 >>40はバイキングの船体までがピンクの二枚目写真の方が正しいというのか?

 それともあれは「これから間違った写真を出します」とNASAが宣言して出した
ものだというのか?

 素人目にもあの二枚目写真はおかしいと思う。

93 :40:02/02/09 04:14
>92
だからさ、何度も言うけど、ソース示してくれよ。1枚目と2枚目と80年代以降、
それぞれのバイキングの写真のさ。
科学なんだから、君がいくら主観的判断を下したところで何の意味もないんだよ。
大事なのは、第三者が客観的に判断できる材料がきちんと提示されているかどうか。
特に「告発」しようって側には「覚悟」と「証拠」が当然のごとく要求される。
そこらへん、わきまえてから発言してくれよ。

94 :45:02/02/09 04:27
 だからあんたおかしいよ。

 まず私が”こっそり修正”と表現したのは1980年代のほうだよ。

 バイキングはその何年前だと思っているんだい?(認めるも何も・・・
一枚目と二枚目があんなに違うのは常識じゃない。)

 それから月の石だけど、少し詳しく話そう。



95 :45:02/02/09 04:28
 まず君は月の石を斜長石と言ったけど、月の石と一口に言っても、採取された場所では異なることを知った方がいい。

 アポロ11と12は“静か”と“嵐”の海に下りたし、14は嵐の海のクレーターの縁のフラ・マウロ高地で船外活動をしただろう?

 15で初めて月面車が使われてアペニン山脈の裾野一帯の岩石を採取したわけだが、君の言う斜長石はそこで採取されたものだと思う。

16ではケイリー平原、最後の17で地質学者のハリソン・シュミットをタウリス・リトローという山間の峡谷に送り込んで多くの地質学的サンプルを集めたわけだ。

回収サンプルの総量は大雑把にしか覚えていないが11は20kg、12は30kg以上、14は40kg、15は70kg以上、16は90kg以上、17は110kg。

・・・合計370kg以上のはずだ。

船外活動時間は11が静かの海で21時間半以上、12は嵐の海で31時間半以上、14も嵐の海で33時間半以上、15は雨の海で67時間近く、16は神酒の海で71時間くらい、17は晴の海で75時間くらいだったと記憶している。(おかしいと思うなら指摘してくれ)


 回収された石や表土のうち半分は未公開のまま保管庫に封入されているから、君の言う「多くが配られた」というのは誇大宣伝!!


96 :40:02/02/09 04:36
>95
オレが君に聞いたのはそんなことじゃない。

なぜ、「月の石の主成分は、酸化鉄である」と断言できるのか?

余計なことは言わなくていいから、その根拠とソースを示してくれ。

97 :45:02/02/09 04:39
 しかも石の中には角礫岩、玄武岩など形や成分も様々なものがあり、私が
25年前に図書館で見た資料でも玄武岩には鉄やマグネシウムに富んでいた事が
薄片の顕微鏡写真で説明されていた。(この時点では酸素が含有されていたことが
説明されていたが、その多くが金属と化合していたことが明示されていなかった。)

 なお、君がしつこいくらいに強調していた斜長石の場合、月の表土に多く
含まれていた白い石の欠片で、月の高地に多く見られるものだ。(カラーで見ると
高地に白っぽい場所が多いのはそのせいだろう)

 なお、9年程前に聞いた話では北米ノースダコタ大学のロバート・ネスの
グループがアポロが持ち帰った石や土を調べた結果、ガラス、鉄、アルミ、
チタン、マグネシウムに富んでおり、その重量の40%余りが酸素原子である事を
指摘している。(もし、1970年代初頭にそれが公表されていたら冷戦で力を
使い果たす前に欧米の民間企業は宇宙進出を真剣に考えただろう。)

 又、月の表土の場合、セメントの材料となる二酸化珪素、酸化アルミ、酸化
カルシウムが豊富で、特に月の海では大量のイルメナイトから鉄やチタンが採掘可能なのだ。

 信じられないのなら清水建設が月面基地を研究していた頃の資料でも調べてご覧。

 あの会社は月の土で基地建材用のコンクリートの製造を研究していたから
あそこの技術研究資料にはかなり正確なデータが残っていると思うよ。


98 :40:02/02/09 04:50
>私が25年前に図書館で見た資料
>9年程前に聞いた話
だーかーらー、正確なソースを示せ。信用できねえよ、君のことばだけじゃ。

>清水建設が月面基地を研究していた頃の資料
気軽に読めるものじゃないんだからさ、具体的に該当箇所を引用しろよ。
自信たっぷりに言い切るからには、手元にあるんだろ?
それとも、うろ覚えの思い込みだけで憶測しているのか?


99 :40:02/02/09 04:59
それから何度も言うが、
「月の土の主成分は、酸化鉄である」という説をオレは聞いたことがない。
前に示したサイトにもあるように、
「月の土壌は、主に月長石からできている」というのが通説だ。
そして、月長石の主成分は、決して「酸化鉄」などではない。

それから勘違いしているようだけど、
「この土壌には、酸化鉄が豊富に含まれている」ということと
「この土壌の主成分は、酸化鉄である」ということはイコールではない。
それはたとえば
「この石には金が豊富に含まれている」ということと
「この石は主に金でできている」ということがまるで違う意味を持つ、
というのと同じことだ。


もう一度聞く。

「月の土壌の主成分は、酸化鉄である」って説の根拠は何だ? そしてそのソースは?

それだけすっぱり答えてくれ。

100 :45:02/02/09 05:04
もう少し話すと、清水建設が本物の月面表土を試料として、水の合成実験を
行ったところ、1gの土から、土中の金属と化合した酸素を水素ガスを利用して
分離抽出し、0.02gの水を抽出させることに成功したそうです。

 後に前述のネスのグループに分析させたところ土中のイルメナイトに含有
されていた酸化鉄が鉄に変化したと報告されています。


101 :45:02/02/09 05:15
 それから、とぼけているのかと思ったが本気で質問しているように見えるので

 簡単に以下のサイトでも見てくれ。ヤフーで「月の石 & 酸素」でも検索できる情報だから
いい加減知っていると思ったのだが・・・

http://moon.nasda.go.jp/ja/qanda/qanda/qanda038.html

 それから私は「主成分」という言い方はしていないぞ。

よく過去のスレを見てくれ。

102 :45:02/02/09 05:19
 今かこのスレを見たが「月の土の主成分は、酸化鉄である」という言葉は
君が言いだしているぞ

 どんな思惑があってああいう誘導をやっているのかは察しがつくけど、
とりあえずやめておけ。



103 :40:02/02/09 05:21
>102
……あんた、やっぱりオレのレス読んでなかったのか……

104 :45:02/02/09 05:43
>>103

 察しはつくよ。

 月の海で採取された玄武岩ではなく高地の方の斜長石だけが月の石で
あるかのように言うんだからね。

 あれは鉄分がほとんどないから、酸化鉄は確かに主成分とはいえないわけだ。

 その時点で君が何を考えているか”察しがつく”というのはそういうこと。


105 :オーバーテクナナシー:02/02/09 07:02
アメリカ軍とかNASAってすごい組織で秘密たくさんもってるって電波受信する人が
日本に多いのはやっぱ戦争に負けたのも原因ですかね?

106 :オーバーテクナナシー:02/02/09 07:25
45さんの主張って酸化鉄が主成分かどうかはともかく月の表面は赤茶色という主張なんですよね。
(違う人とごっちゃになってたらごめんなさい。) 一度、月夜の晩に月を見られてはいかがかと。

107 :オーバーテクナナシー:02/02/09 07:37
それから、40さんは普通の人に対するときのように接しすぎ。相手はアレですから。
民間に渡らないような極秘データを清水建設は持ってるんですか。すごすぎ。

108 :オーバーテクナナシー:02/02/09 09:33
40さんへ

45が第三の選択を信じてるバカと書き込んだモンです。

別スレで暴れている0とかと一緒で、「月が赤茶けている」なんてバカな
主張をおそらくいい年した(第三の選択知ってるくらいだから)おっさん
がしているんだし、こいつ、電波なんだから、電波向けの対決姿勢をとら
ないといけないと思うよ。

ちょうど107の書き込みもあったけどさ、こういう基礎的な「?」もわ
かない奴相手に、コミュニケーションとるのは大変だぞ。

ガムばれ(藁)

109 :オーバーテクナナシー:02/02/09 11:04
>>45
で、高い金出して大嘘ついて、何の得があんの?
まずはそこんとこはっきりしてね。個人的所見ではなく、
はっきりとしたソースをつけることをお忘れなく
月の石についてだけど、採取場所ごとに成分がばらつくのは当然でしょ?
まぁ場所によったら地面が赤っぽいところもあるんだろうけど
それを発表しなかったら陰謀があるってのはいささか飛躍しすぎ・・・
あなたの言うエリートさん達が往生際悪く脱出を考えてたとして、
脱出・帰還時や宇宙滞在中のリスクを考えなかったと思う?
仮にリスク無視で宇宙に逃げたとして、水・空気・食料の補給は?発生する炭酸ガスの処理は?
いつ降下できるかどこに降下すれば良いかどうやって調べる?回答してチョ。
宇宙人と秘密協定を結んでるなんてのは無しよ
少し考えたら頑丈で大きなシェルターでも作ったほうがはるかに安上がりで
安全確実な気がするんだけどねぇ。実際作ってるし

110 :オーバーテクナナシー:02/02/09 11:15
ソースとか根拠とか何を信じてるのかわからんけど・・・
出回ってる情報なんかどれがほんとかわからへんやろー
証拠にならん

111 :オーバーテクナナシー:02/02/09 11:28
>>110
おいおい。

それは、君が判断できないから「信じる」というおバカ行為しか出来ない
という表明に過ぎないだけであって、当該分野に知識のあるごく普通の判
断力のある人にとっては、根拠となる資料自体を検証して、妥当か否か調
べる事が出来るの。

君のようなバカにもわかる基準でいうと、「月に行ってないという主張」
を行っている資料に「UFO」とか「陰謀」なんて単語が入っていたら、
それは、おバカ文書だからゴミ箱に入れていいんだよ(藁

112 :オーバーテクナナシー:02/02/09 11:36
>>45は人の発言を否定するだけで、自分の発言は何一つ証明していない。
それでは説得力なしですね。だれもが納得のいくサイトや文献を提示してほしいですね

しまいには「NASAは月で宇宙人とサッカーしたことを隠してる」とか言いそうなので
あまり相手にしないほうが・・・・・

>>45
たまには外に出て太陽光を浴びて、友達や彼女でも作ったほうがよろしいかと・・・・
人を殺した後に電波が命令した、ミイラ化した遺体が生き返るなどと
言い出さないように気をつけてください。

電波、オカルト系って荒らしより始末が悪いですね><



113 :オーバーテクナナシー:02/02/09 11:51
別に夢を持つことが悪いとわ言わないが、
三十路過ぎてもそんなことをマジで信じるのは止めなさいよ。
子供をわくわくさせる為に、マスコミが作った企画を真実だと大人まで信じていると、
番組を作ったり、本を書いた人も後味が悪いと思うよ。

それと、月の石に関して一言言わせてくれ。
俺の家の庭の土と、君の家の庭の土の主成分は一緒なのかと…。

114 :オーバーテクナナシー:02/02/09 13:28
>軍の発言力がどれだけでかいか、今の政権を見るだけでもわかると思うが?

共和党政権だからだろ。とりわけブッシュの資金源は石油メジャーと軍産複合体
だから。
これがゴアが当選してりゃ、もっと軍の発言力は低かっただろう。

115 :月よりの使者:02/02/09 13:29
うちの庭に旗を立てるのは止めてください。

うちはお子様ランチじゃないです。

116 :オーバーテクナナシー:02/02/09 13:53
やりとりで喧嘩するのはともかくとして、月面に酸化鉄があるかないかって
そんなに大きな問題なのか?
酸化鉄があるからって、かならずしも遊離酸素があった証明には
ならないと思うのだが。
とりあえず酸化珪素なら山のようにあると思うが間違ってる?

117 :オーバーテクナナシー:02/02/09 14:30
そういや昔、清水建設の応接室だかに、
月面基地と1000mの高層ビルと砂漠緑化のイメージ図貼ってあったなあ。
>>40は清水建設の人間なのか?

118 :オーバーテクナナシー:02/02/09 14:37
こういう人に資料とかソースとか言っても無駄だと思うぞ。自分に都合の悪い
資料は見えないらしいから。(見ないとか、見えないふりとかじゃなくて本当に
見えないらしい。)

自分の想像の域をでてわからないものに出くわしたとき、自分の思考力を疑
わずに「陰謀」とか「神」とか「霊」に置き換えて思考停止をする人に共通に見
られる特徴です。

100の資料があって1つでも自分に都合のいい資料があれば都合の悪い残り
99は見えない(存在しない)頭の構造になっている。

119 :オーバーテクナナシー:02/02/09 14:42
>>117
前段のくだりと>>40が清水建設の人間だという事がどう結びつくのかぜんぜんわからん。
君もデムパか?

120 :オーバーテクナナシー:02/02/09 14:42
 昨日からROMで見ていたけど面白いね。

 >>45が月に大量の酸素があると、具体的に話したとたんヒステリックになりやがった。

 ついでに月の土や石から大量の酸素があるというのは10年以上も前から常識だよ。

 それは>>45が図書館で調べた本でも示唆されてたというから隠蔽でも陰謀でもないだろ。

 それから>>114は無知にも程があるよ。

 日本を真珠湾に誘いこんだルーズベルトは共和党だったか?
 朝鮮戦争勃発を黙認したトルーマンは共和党だったか?
 ケネディ暗殺後ベトナム戦争を起こしたジョンソンは共和党だったか?

 民主党だから反軍的などというのは政治に無知としか言いようがないよ。
 だいたいゴアは典型的ユダヤ人だよ。彼が就任してもイスラムと衝突したと思うぞ。

 この板が未来技術版だからって、政治に無知な人間しか見ないと思うんじゃない!

121 :オーバーテクナナシー:02/02/09 14:51
 ついでにフォン・ブラウンが反ナチだという誰かさんの言い分には笑ったよ。

 ああいうたぐいの話は彼が戦後の立場をよくする為に広めた伝説じゃないのか?
 
 科学者が反骨の士ぞろいというような言い方も笑えたよ。

 同じ事を戦後の殺戮兵器開発に関わった世界中の科学者共にも言ってみな。

122 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:20
>>116

 昔あったかどうかは知らんが、土や石には大量の酸素が酸化物という形で
固着されているみたいね。

 ヤフーで検索したら?

123 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:21
なんかえらそうなのがでてきたなぁ。ROMってりゃいいのに。

124 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:30
>>118

 権力者にとって一番扱いやすい人間が君だよ。

 自作自演の戦争でも、真剣に殺しあえるんじゃないのか?

 この世に陰謀事がないというのなら、日本以外の国に何故諜報機関があるんだ?

 アメリカやロシア、イギリスや中国の諜報機関にある極秘工作部門というのは
何をやっていて何のために何十年も活動し続けているのか?

 小一時間ほど問い詰めたい。

125 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:35
>>123

 いやいや政治、軍事、諜報の世界はオレの専門でね。

 情報活動というのを研究していた私にとって、情報線のイロハも知らないバカが
情報戦を得意げに語っているというのは我慢できないんだよ。(>>45!お前も含めてだぞ!)

126 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:35
>ついでにフォン・ブラウンが反ナチだという誰かさんの言い分には笑ったよ。
彼はゲシュタポに逮捕されたはずだけど・・・それは戦後彼が広めた伝説なの?

127 :118:02/02/09 15:41
>>124

 何言ってるんだ?

 諜報機関?極秘工作部門?
 007の話ですか?
 そんな組織が実際にあるわけないだろ!

 本当にあるというのならソース出してみろよ。

128 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:45
>いやいや政治、軍事、諜報の世界はオレの専門でね。
柘植みたいな奴が出てきたな。諜報の専門家が、2chなんかに書き込むわけないだろ。

129 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:47
 >>126

 不勉強だね〜。

 当時のナチ内部の権力闘争でも調べてみな。
 真相は、ペーネミュンデ(V-2等の研究機関)に関する権益独占を目論んだ
ヒムラーの仕組んだ茶番だよ。

130 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:49
>>119
前のレスで40が清水建設の資料がどうとか逝ってたはずだが?

131 :オーバーテクナナシー:02/02/09 15:56
>>127
おいおい、かってに118騙るなよ。まあ、いいけど。

>権力者にとって一番扱いやすい人間が君だよ。
扱いやすい方は自分の頭で考えることができずに月着陸はNASAの陰謀とか妄想に浸ってる
そっちでしょ。実際、CIA怖いーとか日常生活でもびくびくしながら暮らしてんでしょ?それこそ
アメリカの権力者(って誰?)の思う壺になってるわけだ。

まあ、権力者でなくても麻原レベルでもあなたのような人間を扱うには十分かと。

132 : :02/02/09 15:57

 そろそろ本題にもどれよ。
 たしかここは「アポロが本当に月に着陸していたかどうか?」だろ。

 私は行っていたと思うよ。レーザー反射の実験もあるわけだし。

 >>45はセンセーショナルな物言いだけどNASAの月写真が全面緑色の
モノがあった事は確かだから、どこかでデータを改ざんしていると疑われて
も無理ないと思うよ。

 月の土や石に酸化物があるという話は検索で確認した。

 はい、次の方〜

133 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:03
>>130
紛らわしいけど、清水建設云々言い出したのは45の電波君の方。
だから話が通じなかった。

45は月の資料は隠蔽されて捏造したデーターしか公表されていない
と言いつつ清水建設のデーターとか言い出したからワラタけどね。

134 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:07
「権力者にだまされてるヴァカ共が!」
……いや、君がトンデモにだまされてるんだと思うけど……

135 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:08
>>131

 おい、君が>>118なのか?

 >>127の妄言がまともだと思っているようだが、
 アメリカが諜報関係に多額の予算を割くのは遊びだと考えているのか?

 あらゆるものに疑問を持ち、様々な分野からクロスチェックするというのが
俺のやり方だけど、君は米国政府筋の話すことは調査無しでも真実だと”判る”
わけだね。

 はあ、恐れ入りました。(それが権力者にとって扱いやすい人間だという事だよ。ボケ)

 「月着陸がNASAの陰謀」〜?!! なんじゃそりゃ?

 過去のカキコを見たけどその言葉は君が>>131で言い出した言葉だぞ!
 君のその珍説をここでぜひ披露してくれ(w


136 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:09
>>132
で、最近見た月は緑色でしたか? 全面緑色の写真がたまたまあったので月は緑色
の方がいいのですか?

137 :40:02/02/09 16:10
>133
あー、そう突っ込めばよかったのか。

138 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:10
>>132
>たしかここは「アポロが本当に月に着陸していたかどうか?」だろ。
「アポロが」じゃなくって「アメリカは」です。
アメリカは月面着陸なんぞしてません。

139 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:12
>>95
>回収サンプルの総量は大雑把にしか覚えていないが11は20kg、12は30kg以上、14は40kg、
>15は70kg以上、16は90kg以上、17は110kg。

>船外活動時間は11が静かの海で21時間半以上、12は嵐の海で31時間半以上、14も嵐の海で33時間半以上、
>15は雨の海で67時間近く、16は神酒の海で71時間くらい、17は晴の海で75時間くらいだったと記憶している。
>(おかしいと思うなら指摘してくれ)

記憶だけで書いたなら感心するよ。数字は大体合っている。
船外活動時間と言ってる時間は、月面滞在時間だけど。

>回収された石や表土のうち半分は未公開のまま保管庫に封入されているから、君の言う「多くが配られた」というのは誇大宣伝!!

「多くが配られた」なんて、誰も言ってないよ。君こそ40の発言をねじ曲げようとしている。

140 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:13
>>133

>45は月の資料は隠蔽されて捏造したデーターしか公表されていない
と言いつつ・・・

 バカですか?

 >>45のカキコを見たが部分的に歪曲・隠蔽されているという文脈だったぞ。
 第一、>>45はアポロの月着陸自体は否定していなかったぞ。


141 : :02/02/09 16:14
ココ見てるとオウムが栄えた理由がわかる。

142 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:14
>140
で、どれがウソの情報でどれが本当の情報なのか、
誰がどうやって見分けてるんですか? その根拠を聞いてるんだと思うけど。

143 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:16
>>139

 >>45は”部分的に”正確なデータを出して反論材料に使うから問題なんだ。

 >>45よ。資料だか記憶だか知らんがもっと正確にまとめろよ。

144 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:17
>>135
君がこのスレのタイトルやスレにいる電波と同じやつだと思って書き込んだ。
「月着陸がNASAの陰謀」は煽り。そんくらいわかってよ。

>あらゆるものに疑問を持ち、様々な分野からクロスチェックするというのが
>俺のやり方だけど、君は米国政府筋の話すことは調査無しでも真実だと”判る”
>わけだね。
これには完全に同意するよ。で、>>118に書いてあることはこれとまったく同じ趣旨
のことが書いてあるんだけど、読みとれんかね?

電波君はすべて陰謀のせいにして何にも疑問をもたず、クロスチェックもしない人
と言うつもりで書いたんだが。

145 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:25
>>140
>>>45のカキコを見たが部分的に歪曲・隠蔽されているという文脈だったぞ。
で、清水建設にその部分的に歪曲・隠蔽されたデータが渡されてなくて正しいと言う保証は?
何で清水建設のデーターなら信じるわけ?たかが日本の一企業なのに。

アメリカは怪しいけど、同じ日本人なら信じますか。ヴァカか。
なるほど、日本人は信頼できるので諜報機関がないんだねー。
(同じやつが書いてるんだろ?)

146 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:29
>>142

 情報交錯というのはほとんどの場合大多数の人間を対象としていることを考えてくれ。
 だから”常識的な視点”という奴が目くらましに使われることがあるんだ。

 まず、全く異なる背景を持った複数の論文やデータを、(定期的に最新のものを)見るんだね。

 それからデンパ野郎の方にデリケートな情報を送って、真相追究を混乱させる情報攪乱工作
というテクニックもあるから、馬鹿馬鹿しい話でも、ヒントとして留めておけ。

 その上で、政治的な意図や軍事的な意図が絡まない実験やデータの部分に
対しては信頼度のランクを徐々に上げるんだ。

 その作業の繰り返しを何年でも続けて、素朴な疑問をもち続けることだよ。
 歴史的な陰謀劇というのはその手法で暴かれることが多いんだ。

 >>40>>45の主張は酷いと思うが「月に有用な資源がある事を隠す為の
データ改ざんが行われたではないか」という発想は悪くない。

147 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:33
>>146
あんたも十分なデンパ野郎です。デリケートな情報送られたんだねー。かわいそ。

148 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:42
>>145

 バカか?日本の民間企業が月のデータを改ざんする理由って何だよ?

 それにな、オレはエネルギー問題を調べたときにカーボテックというベンチャー
企業が月の表土から水を抽出するという特許の話を聞いた関係で、清水建設の
実験も知っているから、月に酸素があるという話だけは嘘でないと思うよ。


149 :126:02/02/09 16:45
>>129
こんな重要人物を権力闘争の腹いせに銃殺しようとしてたのか。
勉強になったよ。正直、ナチスに興味は無いので知らなかった。サンキュー

150 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:46
>>147

 そういう事を言う訳?
 じゃ、月の石には酸素原子はないという科学データを出せよ。
 オレはカーボテックがデタラメで特許を出したとは思わんぞ。

 それとも、君はこれ見よがしに与えられる情報しか受け取らないわけ?

151 :オーバーテクナナシー:02/02/09 16:55
>>149

 ヒムラーの本心に銃殺という選択は無かったよ。

 肝心なことを知らされなかったゲシュタポ長官が踊りすぎていただけだ。


152 :オーバーテクナナシー:02/02/09 17:03
>>144

 君の意見こそ正しい。

 ふと思うが君はちゃんとクロスチェックした上で「月には酸化物はない」
と主張していたのかあ?

 注意するけど、同じ人間(もしくは同じ組織)の古い時代の主張を何度も
読み直すことをクロスチェックとは言わないぞ。

 むろんこれ見よがしに宣伝される話はデンパ系もマトモ系も鵜呑みには
しない主義だよ俺は。(デンパ系は無論だがマトモ系も鳴り物入りの宣伝が
為された場合、要注意なんだ。)


153 :オーバーテクナナシー:02/02/09 18:07
ところで、サーベイヤーとかがアポロ以前に月の土壌調査を行っているはずだが、
その結果は秘密だったの?珪素と酸素が主成分くらいのことは一般に知られてたんじゃないの?

>この時点では酸素が含有されていたことが
>説明されていたが、その多くが金属と化合していたことが明示されていなかった。
地球の岩石だって半分は酸素だけど、酸化物として存在していることは常識じゃないの?
その時点の45に知識が無かっただけなのでは?


154 :40:02/02/09 23:54
混乱してきたので、酸化鉄に関するところだけ話をまとめてみよう。
発言番号が一部混乱しているので、22=40などをA(オレ)。18=26=45=Bとします。
Cは別の人のつっこみ。「」の後の数字は発言番号。では、会話形式でどうぞ。

B「月のカラー写真までがあちこち改ざんされている」18
A「いや、NASA自身、写真は加工済みって発表してるだろ」22
B「月の土や石に酸化鉄が大量に含まれている事が明確に発表されるまでは
(来日していた)宇宙飛行士たちは月の地面の色を青っぽい灰色とか言っていたぞ!!」24
B「漏れは月面に人類社会の将来を大きく左右する資源鉱床(おそらくは高エネルギー源として
利用可能な資源・・・未知の放射性物質?)が見つかったのをごまかしていると見ている!」26
A「もし本気で隠蔽するつもりなら、そんなすぐバレる嘘はつかないでしょ。
あと月面飛行士はサンバイザー越しに景色を見ているから、色は違って見えるよ」29
B「違うな・・・別な場所で別な宇宙飛行士に聞いた人は別な色を指定していたりした!
 そのほとんどに共通するのは”(酸化鉄の)赤茶色”を避けていた・・・という事だ」32
A「人によって色が違って見えるのは当然だと思うけど……。逆に、
「赤茶色にはどうしても見えなかった」ってことが、サンバイザーと
色がかぶっていた証明になる気が」35
B「だがあのサンバイザーごしに外を見ると赤茶色の大地が青白く見えるというのは
どういう理由か?(中略)
NASAがようやく月の石に含まれている鉄が酸素と結合したもの(酸化鉄)である事を
認めたとたん、以後発表された写真が赤茶色になったのは何故だ?」39
A「あの、ひっかっかってたんですけど、ひょっとして「火星」とごっちゃにしてません?
月表面土壌の主成分は斜長石――カルシウムが豊富、鉄とチタンの含有率は低い――
だってさ」40
A「以下に君のこれまでの主張と、それに対するオレの疑問を書いておくから、もう一度きちんと説明してくれ。
1)月の石の主成分は酸化鉄である。
 →月の石の主成分は斜長石であり、白っぽい茶色に見えるはず。
(中略)
3)NASAの訂正発表以後、写真に写っている月の地表が「赤茶色」に修整された。
 →「赤茶色をした月の地表」を写した写真はそもそも存在しない。あるというならソースを示せ」73
C「赤茶色の月面ならば20年前にアポロの記録映像番組や15年前に本屋の月面写真で
何回でも見たが?」78
B「スマソ、オレも勇み足でした。オレが見た写真は、白か茶か灰かせいぜい黄土色で、
赤茶色に見えるのがなかったけど、そういうのもあるのね。調べてきます。
……でも、月の表面が酸化鉄ってことは有り得ねー」81

(…… この間、バイキングとかシャトルのやり取りが続く ……)

A「月土壌の主成分が酸化鉄である」ということの証拠とソースを示せ」91
B「まず君は月の石を斜長石と言ったけど、月の石と一口に言っても、採取された場所では異なることを知った方がいい」95
A「オレが君に聞いたのはそんなことじゃない。
なぜ、「月の石の主成分は、酸化鉄である」と断言できるのか?」96・99
B「(月の石の重量の40%あまりは酸素原子であるという大意の発言)
それから私は「主成分」という言い方はしていないぞ。
今このスレを見たが「月の土の主成分は、酸化鉄である」という言葉は
君が言いだしているぞ」95・97・100・101

……とまあ、長いので読みにくいかもしれないけど、
これでどこがおかしいのかはっきりするよね(オレの発言の間違いもだけど)。
ダイジェスト版を下に書いてみましょう。(つづく)

155 :40:02/02/09 23:54
B「月の地表は、本当は赤茶色である。宇宙飛行士はウソをついている」
A「まさか、そんなわけないでしょ」
B「いいや、月の石には酸化鉄が大量に含まれている。酸化鉄の色は赤茶色だ」
A「いや、月の土壌の主成分は斜長石だから、鉄は少ないはずだよ」
B「月の石と一口に言っても場所によって異なる。大量の酸化物をふくんだ石も確認されている。
月の海部分の土壌の主成分は玄武岩だ」


……最初は、月の石には”酸化鉄が大量に”含まれているっていう話だったのに、
最後は”酸化物が大量に”含まれている、って微妙に変わっちゃってるよ?
しかも、「酸化物が含まれている」っていう最後の発言は、
「月の色は本当は赤茶色」っていう最初の主張の証拠にならないんですがー。
酸化物はみんな赤茶色なんでしょうかー?

156 :40:02/02/10 00:01
たしかにさー、>45は直接「酸化鉄が主成分」とは書いてないけどさー。
「月の色は赤茶色」
「月の石には大量の酸化鉄が含まれている」
「酸化鉄の色は赤茶色である」
って発言したことは事実だよね。

で、それがほころびを見せ始めると、いつのまにか「酸化物」全般の話にすりかえていて、
まるでオレが「月に酸化物は存在しない」とでも主張してたかのように話を捻じ曲げてる。

月の石に酸化物が含まれてることぐらい、知ってるよ。
だから、「地表が赤茶色に見えるほど酸化鉄が含まれてるなんて話、聞いたことないぞ?」
って質問してたんだよ。

157 :オーバーテクナナシー:02/02/10 08:19
>>152
あのさ、漏れ一度も「月には酸化物はない」 なんていってないぞ。誰と勘違いしてるんだ?
ほんと読解力のないやつだな。

158 :オーバーテクナナシー:02/02/10 13:46
>>148
もっとちゃんと読めよ。誰も清水建設が改ざんしたって言ってないだろ。
NASAから出たデータは改ざんされているから信じないって言っておきな
がら、そのNASAのデータを元にした清水建設とかカーボテックとかいう
企業の研究結果は丸のみで信じてんだろ?
改ざんされたデータが元でも日本企業が研究して発表すれば正しい結果
になるのかよ。
えらそうなこと言う前に自分がどんな間抜けなこといってるか少しは気づけ。

159 :元ムー読者:02/02/10 15:52
その「地表の色が青から赤に変わったこれはNASAが情報を隠蔽している証拠だ」
ってな話は、もともと「火星に関する秘密」として「あすかあきを」あたりが
「なぞのNASA関係者(ワラ」あたりから聴いてきたと称して書いた記事が元だね。たぶん

160 :オーバーテクナナシー:02/02/10 16:22
気づいてしまったようだな。

161 :オーバーテクナナシー:02/02/10 18:48
>>1 に送ろう、この言葉。
「うそはうそであると見抜ける人でないと、掲示板を使うのは難しい。」(ひろゆき)


162 :オーバーテクナナシー:02/02/10 19:04
>>157

 ・・・?要するに何だ?
「酸化物はあると知っていたが酸化鉄があるとは思わなかった」と主張していたわけだね。

 ビジネスで同じ論法を使わんほうがいい・・・信用されなくなるから。

>>158

 ?何が言いたいわけ?

 NASAが全てのデータを改ざんする理由というのはなんだい?
 理由がわからないまま、そう決め付けるのはどう考えてもおかしいぞ?
 ふざけているのならやめろ。

 一例を挙げるけど米国が戦前の日本国内・領海内で有望な油田を発見した
としよう。
 もし米国がそれをバカ正直に日本政府に伝えると君が考えているのなら
君は「国家戦略」とか「情報戦」という言葉の意味も知らない馬鹿者になるわけだ。

 では全く間違いのデータを渡すかというとそれも無茶だ。

 疑い深い人間がどこにいるかわからないし、調査対象となる地域を調べている
人間が他にもいる場合、馬脚が出ないように真実と混合させて無難な形にした
データを出すだろう。

 そうすれば後で間違いを指摘されても機械の性能が悪かったの調子がおかしかった
で済むわけだ。(バレても、その時に直接調査したスタッフが全員死んでいたら、
そいつらに罪をなすりつけられるしね。別にアポロの宇宙飛行士たちが
高齢になったから言うわけではないが・・・)

 その意味で私はNASAのデータがおかしかったのは、あの当時、資源情報を
軽軽しく話してはいけないという米国政府の方針が働いた結果だとしてもおかしくないと
考えているだけだ。(地球から直接観測できる分チェックも厳しいだろうから
重要なデータだけが数値を変えるか、検討中として伏せられた可能性もある。)

 いかに人類全体の為の計画だと言っても資源情報という国益に影響を与えるモノを
無条件で即座に発表するはずだと考えるのはやはりおかしい。

 特に今後一世紀を考えた場合、地球からの持ち出しに制限の多い宇宙開発に
月の資源情報が何の影響も与えないはずがないだろう?

 まあ、宇宙開発が資源なしでも成り立つとか、宇宙開発と人類社会の覇権とは
何の関係もないとか、アメリカには何の野心もないと君らが本気で真面目に
考えているならもう何も言わんよ。(いかなる政治的策謀や軍事とは無縁な
童話の世界にでも引っ越してくれ。)

163 :オーバーテクナナシー:02/02/10 19:06
>>158

 仮にNASAの公表した全てのデータに信用が置けないとしても、現物としての月の土を
使った実験データと二つの民間企業の人間が確認・採用したデータ、さらに
その実験に協力した民間の科学者の出したデータその全てに矛盾がなかったら
クロスチェックされた事になるではないか?

 クロスチェックされた情報は信用度を高く置くのが筋なんだよ。(それ以上の
調査方法はちょっと思いつかないわけだが・・・)

 そんな理屈さえも理解できないのか?

 いかに知名度が高く権威があるといっても同一組織の発表を繰り返し見る
ことがクロスチェックで、それに関して複数の民間組織が出したデータが
符合しているかどうかを見ると、クロスチェックではないから信頼できない
データになるわけ?

 実験に関する話を見ると、清水とカーボテックはあくまでも
「月の土の中にある酸素に水素をぶつけて化合させることで水が精製されないか?」
という実験をやったわけだ。

 そして結果をチェックしたのは北米ノースダコタ大学のグループで、彼らが
行ったのは
「清水が提出したサンプル内部のイルメナイトに含有されている酸化鉄の
状態を電子顕微鏡でチェックすること」
だったわけだ。

 こうした場合NASAがどういう理由でどの部分のデータを改ざんしたり、
偽の月の土を作るというのかね?(答えてみそ)

 実験として出されたサンプルはカーボテックが粘り強く交渉し、大金を払って
購入したもの(ジョンソン宇宙センターで100%の窒素ガスと共に封入された
10gのサンプル)だそうだが、それが偽の土だったら、例え政府の命令でやったこと
だとしても大掛かりな詐欺事件として告発されるだろう?

 日本以上に政府や軍の命令に力があるといっても、そういう明確な形で金銭的な
責任が掛かる事を故意にやるのは限度があるだろう?

 PS:やけにアメリカを庇う人間に聞きたいんだけど・・・戦後のアメリカの
国際政治の歴史だけでも勉強したらどうだ?(特に対中東、対アフリカ戦略をだ)
 君らの発言を見るとその意味での勉強をやった形跡が欠片も感じられないぞ。

 それともあの国が骨の隋から人類全体の利益を考えて行動する国だと信じているのか?
 権力欲の為に地球を何十回も滅ぼすような兵器を作っては溜め込むような国が?


164 :オーバーテクナナシー:02/02/10 19:25
>>158

 実験の場合、NASAが出したのは”サンプル”だぞ。

 これが偽の月の土だとした場合、それが大量の酸素が添加される理由というのはなんだい?
私はそういう意味での嘘をつく理由を思いつけなかったのだがね。

 しかも実験の目的は月の土を使った実用的なセメントを作れないかという
研究計画の一環だよ。(実験内容から判断して、真空に等しい月面で月の土に
含まれた酸素を使ってセメント用の水でも抽出しようとしたのだろう。)

 計画には米国の資本が大きく関与しているからアメリカ側による政治的な管理も
容易いし、日本の技術も利用できる。

 アメリカにとっておいしい話じゃないか。
 それでもNASAがその研究に横槍をあえて入れる理由があると言うのなら
教えてくれ。
 無論、アメリカの政治的経済的意図というものを計算に入れながらだ。


165 :オーバーテクナナシー:02/02/10 19:45
>>162-164
で、もし月に資源があるとしたらアメリカが30年も月に行こうとしないのは何故ですか?

166 :オーバーテクナナシー:02/02/10 19:56
まず
・アポロ13の乗組員全員不遇な生涯を終えている
・今の宇宙服じゃ月にかかる放射能に耐えられる強度ではないと言われている
・月に到着したと言われているが、映像は何故かぼやけている
・月の太陽の当たっているとこと当たってないとこじゃ、何百度も違う


167 :オーバーテクナナシー:02/02/10 19:57
・さらにそれ以降 月にいったって話は聞かない

168 :オーバーテクナナシー:02/02/10 20:45
>>166-167
>・アポロ13の乗組員全員不遇な生涯を終えている

不遇な生涯って?
ジム・ラベルってもう死んでたんだっけ?
ちょっとこの辺はわからなかったんで、ソースぷりーず。

>・今の宇宙服じゃ月にかかる放射能に耐えられる強度ではないと言われている

月面に何年も住み込むわけじゃないので問題なし。
まぁ地上で生活するよりは放射線を浴びるが、害がでるほどじゃない。

>・月に到着したと言われているが、映像は何故かぼやけている

何を指しているのかわからない。
カメラのピントのの問題なのか、主観的なものなのか。

>・月の太陽の当たっているとこと当たってないとこじゃ、何百度も違う

宇宙服内部で液体を循環させて、温度を均一に保つようにしている。

>・さらにそれ以降 月にいったって話は聞かない

月へ行ったのは主にソ連(当時)との宇宙開発競争に勝つため。
現在は競争相手もなく、金銭面の問題、興味は月よりも火星に移っている
などで月に行く理由が見つからない。

169 :オーバーテクナナシー:02/02/10 20:55

では、ヘリウム3の存在を隠さなかったのはどうしてですか?

166>・アポロ13の乗組員全員不遇な生涯を終えている
>・月に到着したと言われているが、映像は何故かぼやけている
この2つは月に行かない理由に無理がないかな?


170 :オーバーテクナナシー:02/02/10 21:02
>>165
真性のアフォはけーん!


171 :オーバーテクナナシー:02/02/10 21:06
&9760;&3642;&9760;&3642;

172 :オーバーテクナナシー:02/02/10 22:15
>>165

 アポロ計画を発動させたケネディは冷戦を終わらせて戦争や軍備に回す予算を
削ろうとしていました。

 彼の暗殺後、軍事費は一挙に増額された上、アメリカの体力を大きく削ぎとる
戦争がベトナムで始まったでしょう?
 現在ある何万もの核ミサイルもそのほとんどはケネディ死後の軍拡競争で
配備されたものだ。

 あれが無ければ、火星有人探査計画と並行して多くの人間を月へ送る事業が
始まってもおかしくなかった。
 それほどの浪費が為されたわけです。

 現代アメリカ史をよく勉強すべし。

 それから、火星に人間を送るとしても、そこを本格的に開拓する場合、月に
人類の宇宙進出基地を気づいたほうが効率的でしょう。

 大気は真空に近いから大規模な天文観測基地も建設できるし、酸素を現地調達で
入手できるから、地球から(最も軽い元素である)水素を持ってきて化合させれば
水だって作れる。


 それから>>169さんの言うヘリウム3は核融合炉の燃料として意味があるもので
各国が月に行けば取り放題の資源でしょう?

 特定の鉱床を抑えれば独占できるというほど供給コントロールの効くのもの
ではないし、そういうものでなければ政治的な取引の具にもならない。

 しかも月面が真空に近い以上、太陽風の中に20PPM含まれるヘリウム3が
月面(地域差があるかどうかは知らないが)に降り積もっている可能性に
気づかれるのは時間の問題だったでしょう。

 しかも、高温核融合炉というのは未だ未知の要素と難関が控えている技術。
 それが完成する頃には何万もの人間が月に恒久基地を建設しても不思議は
ありませんよ。
 ばれやすい上に独占困難な資源に拘る意味も無いでしょう。
 それならなまじ隠して、もっと重大な情報まで探られるより、公表して
アメリカの公明正大さを見せ付けたほうがいいと考えたのでは?

 まあ、万が一の可能性だが限定的ながら、極秘に月へ人間を送っていたのかも
知れませんな。(地球上にさえ地下に秘密の軍事施設があったくらいだ。
目に付きにくい月の裏側なんかいいかもしれんと想像したりもする。)


173 :40:02/02/10 22:21
40=156≠157です、ちなみに。

ええと、結局、>45 がどっかいっちゃったんでどうしよっかなーって思うんですけど、
オレの意見と>45 一派の意見は大体下のように一致したみたいですね。

「月の地表には、酸化物が豊富なところと、そうでもないところがある」

ま、妥当なところで落ち着きましたねー。

でもやっぱりよくわからないのは、

「月の地表が本当は赤茶色である」

ってこれも言い換えないとだめか。↓

「月の地表には赤茶色に見えるところと、そうでもないところがある」

っていう前提条件から、どうやって

「人類の将来に有望な、未知の放射性物質がみつかった」

という結論を導き出すことができるのか、ってことなんだけど。
誰か説明してくれませんか?

174 :165:02/02/10 22:36
>>172
>現代アメリカ史をよく勉強すべし。

いやまぁ貴方ほど詳しくはないが、その程度は知ってて質問したんですけどね。

> ばれやすい上に独占困難な資源に拘る意味も無いでしょう。
> それならなまじ隠して、もっと重大な情報まで探られるより、公表して
>アメリカの公明正大さを見せ付けたほうがいいと考えたのでは?

これには同意です。
でもそうするとアポロ計画に関する情報はほとんど公開されていると考えていい訳で、
貴方が噛み付いている「情報は改竄されていない」と言う人と同じ主張になりますが。
「知識もない奴が情報戦云々なんて口にするな」と言いたかったのかもしれませんが、
はっきり言って傍で見てると馬鹿みたいですよ。
知識自慢をしたいのでしたら、もっと議論の足しになるものにしてください。

175 :オーバーテクナナシー:02/02/10 22:44
>特定の鉱床を抑えれば独占できるというほど供給コントロールの効くのもの
ではないし、そういうものでなければ政治的な取引の具にもならない。

地球の数千年分をまかなうだけの埋蔵量があるのだから十分おいしいと思いますけどね・・・
ということは、隠しても無駄ですよね?いずれはアメリカ以外の国の人だって行くことになるんだから

まぁ6回程度の月面着陸で資源が見つけられるほど
甘いものじゃないですけどね

 まあ、万が一の可能性だが限定的ながら、極秘に月へ人間を送っていたのかも
知れませんな。(地球上にさえ地下に秘密の軍事施設があったくらいだ。
目に付きにくい月の裏側なんかいいかもしれんと想像したりもする。)

極秘に月に送り込む事を考えたら、地球の地下に秘密基地作ることなんか屁でもないですね





176 :40:02/02/10 22:47
あともうひとつー、わからないことがあるんですけどー。

>違うな・・・別な場所で別な宇宙飛行士に聞いた人は別な色を指定していたりした!
>そのほとんどに共通するのは”(酸化鉄の)赤茶色”を避けていた・・・という事だ

「ほとんど」っていうことは、「赤茶色だった」って言った人もいるってことですよねー。
てことは、正確に言うと下のようになるんでしょうかー?

「月の地表の色について、赤茶色だと言った宇宙飛行士もいれば、そうではない宇宙飛行士もいた」

これならオレにも納得できるんですけどー。
でもやっぱり、なんでこれが
> 漏れは月面に人類社会の将来を大きく左右する資源鉱床(おそらくは高エネルギー源として
> 利用可能な資源・・・未知の放射性物質?)が見つかったのをごまかしていると見ている!

っていう結論につながるのか、わかんないんですけどー。
わかるように説明してくださーい。

177 :オーバーテクナナシー:02/02/10 23:16
 >>45が姿を見せないので>>162-164、172の私が自分の意見を言います。

 まあ、地球でも酸化鉄の微粒子が多いところとそうでないところはあるが、
概して地面が茶色なのはその中に酸化鉄の赤色が広範囲に含まれているからでしょう?
(無論例外もあるでしょうが、鉄元素というのは地球ではありふれています)

 おそらく、>>45は昔見た参考資料で、月に大量の酸化鉄があると判断し(間違いでは
ないわけだが・・・)、色補正が為された資料から、NASAが月に酸素があることを
「一般人に伝わりにくくしていた」と考えたのだろう?

 >>45の邪推(?)が真実を突いていたかどうかは知らんが、>>40さんのように
科学の徒を任ずる人までが知らなかったのだから、NASAがその情報を”広めよう
しなかった”ことは間違いないだろう。

 「月に水は無い」とか「真空である」とかいう話なら耳にタコが出来るほど
絶叫されていたことを考えると、意図的と思われても仕方は無いわけだ。
>>40さん。私があなたの立場なら「NASAはなんでそんな大事なことを
教えてくれなかった?」と思うがね。たぶん>>45も「裏切られた」と
感じたのでは?)

 それから放射性物質の話だけど、これは>>39が言い出したことでは?

 >>39が月の海のことを強調していた事から判断して、月外殻、特に海が
マントルのような組成である事と、海の部分が常に地球を向いている事から
判断して、そこが極めて比重の重い物質で出来ていることを想定したのだと
思う。

 つまり、そこが月の引力が最も働く場所でもあり、重金属資源の宝庫でもある訳だ。

 そういう組成で成り立っているということは、ウランなどのような比重の重い
放射性物質にも恵まれている可能性は高い。

 以上の部分は資源問題で月探検を見てきた私の推理だが、>>39はその上で
海側を探検する機会の多かった宇宙飛行士たちが癌にかかりかけて事を知人と
やらから知らされ、「NASAの科学陣が想像した以上の放射線が宇宙飛行士を
襲った」と判断したのだろう。(そういえば月が真空だと最初から予想していたのに
月面に到達する宇宙船の入射量を計算して宇宙服を設計できなかったのか?)

 それらを踏まえて、海側には地球で言えばウランのように比重の重い放射性
物質の鉱床も存在し、宇宙飛行士は(知って知らずか)そこを歩き回り、
NASAはそれに関する情報を封鎖した。

 と疑ったのではないかな?

 所詮、あわてん坊の推理だが、NASAの怪しげに見える行動がそういう邪推を
引き起こしたのだろう。


178 :オーバーテクナナシー:02/02/10 23:30
まだ続いてる(W

月なんて誰も行ったことないんだから資源がなんだとか机上の空論に過ぎないんだよ(W
だめだよいつまでも子供みたいな事ではしゃいでちゃさ?<ALL

179 :オーバーテクナナシー:02/02/10 23:32
こうやって、またバカが話を振り出しに戻すのであった。

>>1に戻る

180 :オーバーテクナナシー:02/02/10 23:32
>>175

 アメリカがアポロ以前に作ったNORADの地下要塞都市の規模を知っているかい?
洒落抜きであれは地下都市だよ。
 1980年代のレーガン時代の軍拡では、北米各地を結ぶ地下トンネル網が
建設されたとも聞いている。(たぶん同時期に目玉となっていた地下移動型
ICBMトンネル網計画の応用だろう。)

 ああしたものでさえ、アメリカが保有する極秘軍事施設の一部だったんだから
月面に小さな町サイズの基地を作らせる事は十分可能かもしれん。

 火星に基地が建設中ですと聞かされても驚かんほうがいいかもな(w

 それから、アポロ以前に探査機を派遣していただろう?

 あれで有望な(地球では未知の)資源のデータを得ていたと仮定すると
アポロ飛行士の着陸地点を絞る可能性もある。

 もし何か重大な発見が為されたのなら、その内容如何ではアメリカ100年の国益
を考えて情報を伏せる可能性もある。(アングロサクソンというのは結構
長期的に考えて行動するぞ!)

 まああの計画がたけなわの時に大統領だったニクソンも死んだ今、全体像を
語れる人間はおらんのかもしれん。(宇宙飛行士たちが軍人という階級から離れて
自由に語れる時代がくればもっとはっきりするんだが・・・)


181 :オーバーテクナナシー:02/02/10 23:35
>>178

 仕方が無いよ!人類が宇宙に雄飛できるかどうかは月でどれだけどれ程の
資源を調達できるかにあるんだから(w

 まあ、宇宙旅行にロマンを感じない人はお呼びでないという事だ。

182 :オーバーテクナナシー:02/02/10 23:36
で、どうなんよ、まだ「月面着陸していたのか?」と逝っている人はいるのか?


183 :オーバーテクナナシー:02/02/10 23:46
 >>182

 >>178を除き、アポロの月着陸は真実と認めております!(私は177、180)

184 :オーバーテクナナシー:02/02/10 23:54
文系ヲタが技術論にまで立ち入ったトンデモを書く

理屈のわかってる人間が意見する

最初にトンデモ理論を振ったのは誰かをすっかり忘れ、
「理論ヴァカは氏ね!」などと反応する。
最後はお定まりの、泥沼

(゚д゚)マズー


俺に言わせれば、問題はスペック至上主義じゃなく、
音にほとんど関係ないピント外れなスペックばかりを云々してることにある。

185 :オーバーテクナナシー:02/02/11 00:25
>184
ピュアAUあたりからのコピペか?

186 : :02/02/11 00:26
>>168さん
レス遅くなりましたが
乗組員が悲惨な生涯、それは精神病で逝ったり自殺したりしているわけです
全員。私が雑誌で見た(まあジャンク系の記事だと思って藁ってみてください)
話だと何故そうなったかは、NASAのCIAが口を割らないように薬で決めたとのことです。



187 :オーバーテクナナシー:02/02/11 00:41
>>180

>もし何か重大な発見が為されたのなら、その内容如何ではアメリカ100年の国益
>を考えて情報を伏せる可能性もある。(アングロサクソンというのは結構
>長期的に考えて行動するぞ!)

これならなおさら、ヘリウム3の存在を隠したていたほうが自然ですね。
今、月にいける技術はアメリカしかないのだから、極秘にしておいて
今にのうちに、ヘリウム3からエネルギーを取り出す技術を確立して
他国の技術が追いつくまでは、独占できるので莫大な国益になると考えるのが自然かと
まあ何十年も先の話ですけど(笑)



 





>アメリカがアポロ以前に作ったNORADの地下要塞都市の規模を知っているかい?
>洒落抜きであれは地下都市だよ。
>1980年代のレーガン時代の軍拡では、北米各地を結ぶ地下トンネル網が
>建設されたとも聞いている。(たぶん同時期に目玉となっていた地下移動型
>ICBMトンネル網計画の応用だろう。)




188 :オーバーテクナナシー:02/02/11 01:08
ああ…馬鹿ばっかり…
40さん、楽しい?
こんなのと会話してて。

189 :オーバーテクナナシー:02/02/11 01:30
>>180
>アメリカがアポロ以前に作ったNORADの地下要塞都市の規模を知っているかい?
>洒落抜きであれは地下都市だよ。
>1980年代のレーガン時代の軍拡では、北米各地を結ぶ地下トンネル網が
>建設されたとも聞いている。(たぶん同時期に目玉となっていた地下移動型
>ICBMトンネル網計画の応用だろう。)

これは実際に視察でもしたのでしょうか?
まさか、180さんがアメリカの発表なんて信じませんよね?(笑)

ここからは180さんのスタイルで発言してみます。

極端な話、地下基地なんて民間レベルで出来ない事はないはず
しかし、月面着陸は民間レベルじゃ無理だろうし
誰にも知られずにロケット打ち上げるのも不可能でしょう。

日本や他の国も軍事偵察衛星を極秘に所有していて
アメリカを監視してるかもしれません(笑)

という具合に180さんは、自分が論破されるのがいやで都合のいいように
解釈してる気がします。(発言すべてという意味じゃないです)

かといって、アメリカが情報操作してないとは
言いませんし思ってもないです。
アメリカは、莫大なお金と犠牲を払って月に行ったのだから
それくらいはあっても当然だと思います。

ただ確証のない話を得意げに語られてもね(笑)


190 :オーバーテクナナシー:02/02/11 01:50
なんか私まで、電波扱いされてるみたいなのでこれで退却します。

180さんが好きそうなお土産♪ 
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sky/1002902323/
こっちのほうがお好みかも(笑)
http://www2.justnet.ne.jp/~kiti/Wakusei/quentian/newmars/newmars.htm

話のネタにどうぞ(笑)

191 : :02/02/11 02:20
今回の大統領は迂闊そうだから、今まで秘密だったことをうっかり口にしてくれるかも知れないよ。


192 : :02/02/11 03:08
あんまり本当のことをしゃべりすぎると
アメリカの軍部から2chへ圧力がかかるのでやめてください
それでなくてもへろゆき大変なんだから・・・

193 :オーバーテクナナシー:02/02/11 03:39
>>188
楽しいじゃん!>>158で矛盾してる所をつかれて
むきになってかなりのレス返してるし(藁 >>162 >>163 >>164

自分に都合のいい情報は鵜呑みにして、都合の悪い情報は信じてないとこなんかも。
だから矛盾するんだろうけどね。 いつボロだすか楽しみ(藁
アメリカ史や対中東、アフリカ戦略に詳しいと思ってるみたいだし(藁
「多分」や「かもしれない」が多すぎ(プッ

45がいなくなったと思ったら、162みたいのが出てきたけど同じやつかな?
なんか似てるんだけどなぁ まぁどうでもいいけどねー









194 :オーバーテクナナシー:02/02/11 07:39
>>180
それから、アポロ以前に探査機を派遣していただろう?

 あれで有望な(地球では未知の)資源のデータを得ていたと仮定すると
アポロ飛行士の着陸地点を絞る可能性もある。

地球で油田を探すのにも、衛星や飛行機で長い時間をかけて調査して
それらしいポイントを見つけたとしても、何十本も試掘して掘り当てたら
ラッキーというレベルだぞ 
そう考えると月の探査衛星でそれらしい資源を見つけるのはかなり無理があるね

百歩譲って、それらしい反応があったとしても月面で掘削するのは無理がないかな?
1.大掛かりな掘削機がいる 2.それなりの深度に達するシャフトもいる
3.調査する時間が少なすぎる。17号の75時間が最長みたいですね
4.電力がない 5.宇宙服はウランなどを掘るるようには作られてない

ウランに限らず高エネルギー物質の存在が確認されてるとは考えにくいですね。
月面でもそれなりの調査はされてると思いますけど、発見までには至ってないと
考えるのが妥当じゃないですかね?
スコップで掘って出てくるような訳はないですからね(w
なにかしらは眠ってあるはずですけど・・・・
 

195 :オーバーテクナナシー:02/02/11 07:39
>>162
ほんとにおまえは自分の都合のいいように話をすりかえるな。だから電波なんだよ。
誰がNASA"すべての"データを改ざんしたって言ったよ。元データの信頼度がちょっと
でも低かったらあとの結果を100%信じることはできないでしょ?で、あんたはNASA
は疑わしいけど清水建設は信用できるって言ってるわけ。

はあ、なんでこんなこと解説しないといけないんだよ・・。

>>163
はちょっとましになったね。深呼吸でもしたか?
でさぁ、君の言ってるように月の組成に関する正しいデータとかはその辺の民間企業でも
金さえ払えばくれるんでしょ?秘密でもなんでもないじゃん。で、なんでNASAはそんな簡単に
ばれるような嘘をつくと思うわけ?

>>164
おーい。話の立場が思いっきりかわっとるぞ。デンパってこんなことまですんのか?(w

おまえ以外のまともな人間の主張は初めから月の色だとか組成とかすぐばれるよう
なことに関して、セメントに使おうがなんだろうが「NASAがデータを改ざんしたり研究に
横槍をあえて入れる理由は"無い"」ってことだぞ。意見のすり替えを無意識にすんなよ。
気持ち悪い。

お前の主張は、>>146にある「月に有用な資源がある事を隠す為のデータ改ざんが
行われたではないか」だろ? そんなすぐばれること金かけてするか。アフォ。

自分の馬鹿さ加減に気づいて意見を変えることはかまわんが、人の話まで捻じ曲げるな。

196 :40:02/02/11 07:50
>177さん、こんにちは。>40です。

> >40さんのように科学の徒を任ずる人までが知らなかった
私は別に「科学の徒」などと任じた事はありませんよ。
もし私がそんな事を言ったというなら、該当発言を引用してください。

> 「月に水は無い」とか「真空である」とかいう話なら耳にタコが出来るほど絶叫されていた
誰も、絶叫していませんが。誰が絶叫していたのですか?
それから、「耳にタコができるほど絶叫する」っていうのは、斬新な表現ですね。今度使ってみようかな。

> 意図的と思われても仕方は無いわけだ。
いいえ、私は思いません。だれがそう思っているのですか?

> 私があなたの立場なら「NASAはなんでそんな大事なことを教えてくれなかった?」と思うがね。
そうですか。私は、そうは思いません。

> たぶん>>45も「裏切られた」と感じたのでは?
NASAがわざわざ日本の一小市民を「裏切」ったのですか? 面白い話ですね。

> それから放射性物質の話だけど、これは>>39が言い出したことでは?
39=45ですよね? 違うのですか? それとも私は、誰と話していたのですか?

> 月の海のことを強調していた事から判断して、月外殻、特に海が
> マントルのような組成である事と、海の部分が常に地球を向いている事から
> 判断して、そこが極めて比重の重い物質で出来ていることを
> 想定したのだと思う。
「想定したのだ」と「思う」のですね。

> 月が真空だと最初から予想していたのに
> 月面に到達する宇宙船の入射量を計算して宇宙服を設計できなかったのか?
それは、NASAに直接質問メールを出せばいいんじゃないでしょうか。
NASAは、コドモ向けに質問受付アドレスを公開してますし。


> そういう邪推を引き起こしたのだろう。
なあんだ、ただの「邪推」だったんですか。


ということで、>45 さん、邪推呼ばわりされてますよ。
今こそ、御自身の弁明を開陳して、みずからの正当性を高らかに謳い上げる時かと思われますが。
>45さん、私の質問に答えてください。

197 :オーバーテクナナシー:02/02/11 10:52
>>45>>162同じやつだね

>>39
>可能だという人はひも付きでない民間で月の資源データ分析をしている所を
>教えてみそ。

>>80の 
>>40>>57は何か反論してみそ。

>>158
こうした場合NASAがどういう理由でどの部分のデータを改ざんしたり、
偽の月の土を作るというのかね?(答えてみそ)
みそ連発(w

>>48
地球を何十回も滅ぼすほどの核兵器システム

>>163
地球を何十回も滅ぼすような兵器を作っては溜め込むような国が?

決定的なのは文章ですね。>>45の意見には具体的に反論してないし
邪推やあわてん坊としか言ってない(w

>>120では、かなり喜んでるし(ここから162にかわったぽいね)
>昨日からROMで見ていたけど面白いね。
>>45が月に大量の酸素があると、具体的に話したとたんヒステリックになりやがった。

なによりも電波だし(w

>>162
たまには外に出て太陽光を浴びて、友達や彼女でも作ったほうがよろしいかと・・・・
人を殺した後に電波が命令した、ミイラ化した遺体が生き返るなどと
言い出さないように気をつけてください。

電波、オカルト系って荒らしより始末が悪いですね。自覚症状がないだけに
 








198 :オーバーテクナナシー:02/02/11 12:13
>>186
>話だと何故そうなったかは、NASAのCIAが口を割らないように薬で決めたとのことです。

ふーん、CIAってNASAに所属していたのか。。。

つーか、口を割らせる薬ならともかく、割らせないようにする薬って可能なのか?

199 :40:02/02/11 12:19
あーそれから、これは>177さんに質問なんですが。

> 月外殻、特に海がマントルのような組成である事と
> 海の部分が常に地球を向いている事から判断して、
> そこが極めて比重の重い物質で出来ていることを
> 想定したのだと思う。

っていう部分に対して、>177さんは疑問を持ってらっしゃらないようですね。
でも、これってつまり、
「月が常に同じ面を地球に向けているのは、月の海部分が極端に比重の重い物質でできているためである」
っていう理屈ですよね。

私の不勉強なのか、そんな説は今まで聞いた事がないんですが。
>177さん、よければ、どういう理屈でそう言えるのか、説明してもらえませんか?

さて、連休最後の日だし、渋谷で買い物でもしてこようっと。

200 :40:02/02/11 12:23
あ、最後にもうひとつ。

> 月外殻、特に海がマントルのような組成である
> そこ(月の海部分)が極めて比重の重い物質で出来ている

「マントル」でできてるんですか?
「きわめて比重の重い物質」でできているんですか?

どっちですか?

201 :オーバーテクナナシー:02/02/11 15:20
>NASAのCIAが口を割らないように薬で決めたとのことです。

ゲラゲラゲラ

202 :40:02/02/11 18:26
というわけで帰宅。ついでに>177さんに質問追加。

>概して地面が茶色なのはその中に酸化鉄の赤色が広範囲に含まれているからでしょう?

普通、地面が茶色いのは、腐葉土とか堆積物由来の色だと思いますけど。
月にも堆積岩があるんですか? 水、流れたことないのに?

203 :オーバーテクナナシー:02/02/11 20:32
関東の赤土は火山灰由来のローム層ですが。

204 :181:02/02/11 21:38
>>202

 言葉尻を取り合っての泥沼論争だったね。

 クラーク数では鉄は金属元素で二番目に多いだろ?
 酸化鉄の微粒子なんていたるところにあるのでは?
 
 腐葉土の色が茶色って・・・いまどき木も生えてないところの土地なんて珍しくも無いが
茶色の土なんていたるところだぞ?
 それから>>177は月に川があったと主張していたDQNなのか?凄いぜ(w
 
 >>201

 同感!文章もメチャクチャ(w

205 :181:02/02/11 21:50
 それからここの常連さんに聞きたいんだが、当時の米国のロケットエンジン
開発に詳しい奴はいるのか?

 三菱重工にいたとき読んだ航空技術の資料に原子力エンジンのことが
あったんだが、物知りらしい>>40さんに詳しい話をキボーン。

206 :オーバーテクナナシー:02/02/11 22:23
サハラ砂漠も茶色いね

207 :181:02/02/11 22:43
 >>205

 原子力エンジンでもジェットエンジンの開発なら知っているので、ここに記す。

 開始は1951年。

 初期の開発担当はP&W社とGE社。

 P&Wは兵器システム125Aと呼ばれた原子力爆撃機のエンジンを1953年ごろから
試作し、1957年に運転した。
 コードはJ91。幾つかのバージョンがあった。
 当初は加圧水型原子炉からの熱を間接的に利用する熱交換器が燃焼室の
代わりになった構造で、後に溶融塩を熱媒体とした方式となり、ケロシンを
燃料とした場合、199,620kgの出力を出した。

 GEは二台一組の構造を持つX-211エンジンシステムを1961年3月までに
ほぼ開発。
 これはエンジン内の半分の空気をジルコニウム水酸化物により反応が
減速された濃縮ウラン235を燃料とする原子炉炉心を通過させるものだった
という。
 酸化ベリリウム等のセラミックに包まれた原子炉燃料が試験され、片側半分の
出力だけで12,383kgの推力を達成した。

 ロケットエンジンの場合は知らないが、火星有人旅行計画用に開発された
ものがそうだったと聞いている。

 計画名はネルバ。エンジン自体は完成していたらしいがアポロ計画の終焉
と共に実用化が中止されたそうだ。 


208 :181:02/02/11 23:00
 >>207が俺の知っている限りの情報(ネタ元は三菱重工時代の資料)。

 さて、誰かネルバ計画の詳細を教えてくれ〜



209 :40:02/02/11 23:21
>>204

 鉄はアルミよりも希少な金属だよ。デタラメもほどほどにしろ。

 >>207
 
 そんな昔に原子力航空機が開発可能だったと言いたいわけね。

 オカルト板へ行け。

210 :オーバーテクナナシー:02/02/11 23:43
>>181>>45
返答に困ったからって話題変えなくてもいいのに(w
ばればれです。

211 :味噌煮込み隊2号 ◆acgUIfCA :02/02/12 00:14
各元素の地殻濃度(ppm)

O 474,000
Al 82,000
Si 277,000
Fe 41,000
        (講談社ブルーバックス「元素111の新知識」より)

あくまで地球の地殻における濃度(構成比)であって、
地球全体や太陽系空間での構成比ではないことに注意。
以下、Na,Mgが各23,000ppmで、それ以外は桁外れに少ない。
(と思う。一覧表になってないので見落としてたらごめん)

>204の「鉄は金属元素で二番目」
>209の「鉄はアルミより希少」
どっちも正しいといえば正しいんだが。なんだかねえ。

212 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/12 00:32
こら、>209は40を騙るな!

> それから>>177は月に川があったと主張していたDQNなのか?凄いぜ(w
それは>177さんに直接聞いてください。
私にも、彼が何を主張したいのかわからないんですわ。

> 三菱重工にいたとき読んだ航空技術の資料に原子力エンジンのことが
> あったんだが、物知りらしい>>40さんに詳しい話をキボーン。
興味ないので、知りません。
そういうことは三菱重工時代の知り合いにでも聞いたほうが、いいんじゃないでしょうか?

原子力航空機の話は聞いたことありますけどね。
パイロットの放射能汚染を防げないんで、没になったとか。

>210さん
> 返答に困ったからって話題変えなくてもいいのに(w ばればれです。
同感です。
早く質問に答えてくださいよ。
そして、納得のいく説明をしてくださいよ。




213 :オーバーテクナナシー:02/02/12 00:42
原子力航空機ってプロペラを蒸気のタービンで回して飛ぶ奴以外にあったんですか?

214 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/12 00:47
とりあえず、>177さんは、

> >39が月の海のことを強調していた事から判断して、月外殻、特に海が
> マントルのような組成である事と、海の部分が常に地球を向いている事から
> 判断して、そこが極めて比重の重い物質で出来ていることを想定したのだと
> 思う。

に対する私の質問

>「マントル」でできてるんですか?
>「きわめて比重の重い物質」でできているんですか?

に答えてください。
「これは177本人の主張とは違う」とかそういう言い訳は利かないですよ。
私は同じ文章を読んだけれど、そのような結論には到底たどり着くことができませんでした。

45さんがいなくなった今、45さんの発言の中から
そのような推論を導き出すことができる177さんの思考回路のほうに、
私は興味があるのですが。


215 :158あたりの人:02/02/12 01:50
>>45=>>177
ってのはほぼ確定でしょう。

彼って40さんとかほかの人が「アメリカが嘘をつくはず無い」とか「NASAみたいな立派な組織は
でっちあげをしない」とかいう理由で否定してるもんだと思い込んでるよね。だから、アメリカ史や
対中東、アフリカ戦略とかとんちんかんな話をさも自分だけが知ってることのように持ち出すんだ
よねぇ。そんな理由で否定してる人なんていないのに。

それから、彼は「元素・物質が存在する=資源がある」ってイタイ勘違をしている。だから、酸化鉄
だか酸化物あたりの話で色めき立ったんだろうけど。そんなのを資源って言うなら自分ちの庭の土
の方が入手しやすさからいって有用だって思わないのかな?

NASAってどっちかというと役に立ちそうに無い月を知恵を絞って有益なように利用価値を考え
宣伝しているよね。たぶん、その辺の情報を>>45あたりが見て喜んでるんだろうけど、まったく
逆に捉えられるとは予想しなかったろうな。一番そういう情報に惑わされてんのは>>177自身だ
ったりするから偉そうなこと言えば言うほど哀れになってくる。

216 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/12 02:41
> 215さん
もー、45=177=181なんて決め付けちゃだめですよぉ。
それから、204から209までがジサクジエーンだとかも言っちゃだめ。
本人、必死で否定したがってるんですから。

結局、今までのやりとりのなかで、事実だって判明しているのはこれ↓だけですよね。

「月の地表には、酸化物が豊富なところと、そうでもないところがある」
「月の地表には、赤茶色に見えるところと、そうでもないところがある」
「月の地表について、赤茶色だと言った宇宙飛行士もいれば、そうではない宇宙飛行士もいた」
「土が赤茶色に見えるのは、腐葉土のせいかもしれないし、堆積物のせいかもしれないし、
火山灰のせいかもしれないし、酸化鉄のせいかもしれないし、酸化アルミのせいかもしれないし、
それ以外の物質のせいかもしれないし、光の加減のせいかもしれないし、個人差のせいかもしれない」

結局、なんでこれが
「漏れは月面に人類社会の将来を大きく左右する資源鉱床(おそらくは高エネルギー源として
利用可能な資源・・・未知の放射性物質?)が見つかったのをごまかしていると見ている!」
とか
「そこ(月の海部分)が極めて比重の重い物質で出来ている」
っていう結論(妄想)の証拠になるのか、わからずじまいでしたねぇ。

まあ、>215さんが的確にまとめてくださっているので、この辺で終了ってことでよろしいでショッカー?


217 :オーバーテクナナシー:02/02/12 03:36
なんか長かったけど要点まとめると薄い内容ですね。あの手の人って質問に対してちゃんと
答えようとせず話の本質とは何の関係ないことをどんどん妄想して書きまくりますよね。さらに
その書いている妄想が突っ込みどころ満載で面白いもんだから話がどんどん広がって本論と
関係ないところで収拾つかなくなってしまうんだな。面白いからいいけど。

218 :結論:02/02/12 04:00
逝ってね〜ものは逝ってね〜よ

219 :オーバーテクナナシー:02/02/12 04:37
>>217
同感!!

>>45
ほんとたのしかったです。電波君またよろしくね♪
(楽しみがひとつ減ったなぁ)

220 :オーバーテクナナシー:02/02/12 06:43
ヴァカに「自分ってヴァカだったんだ」と気付かせられる場所って素敵だなあ。

221 :オーバーテクナナシー:02/02/12 07:01
地球を背景にして,着陸船や飛行士が映ってる映像ありますか。
それがあったら,信用する。

222 :味噌煮込み隊2号 ◆acgUIfCA :02/02/12 07:06
>221
見た覚えはあるよ。面倒だから、自分でNASAのサイトで調べてほしい。
でもそういうの見ても、否定派はブルーバック合成とか言うんだろうな。

223 :オーバーテクナナシー:02/02/12 07:20
調べても無いから,書き込んだの。

224 :オーバーテクナナシー:02/02/12 07:57
>>222
まぁあの手の人達は自分の主観がすべてですから。
どんなに理屈で説明しても、自分が行かない限り納得しないんじゃないかな。
逆にどんなに理屈で説明しても、自分が見たもの(幽霊とかUFOとか)は無条件で信じるけどね。
バラエティ番組まで信じているくらいなんだから。

225 :オーバーテクナナシー:02/02/12 07:58
上げてしまった・・・スマソ

226 :NASA広報:02/02/12 08:02
>>223
調べ方が足りません。日本の皆さんどうかこれで信じてください。
ttp://images.jsc.nasa.gov/images/pao/AS11/10075185.jpg


227 :オーバーテクナナシー:02/02/12 08:03
>>226
warata


228 :オーバーテクナナシー:02/02/12 08:59
たぐいまれにみる迷レスだ。

229 :( ´_ゝ`):02/02/12 10:22
>>215

 もっともな意見だが、少し質問。

 月面に基地を作ったとして、生命維持用の酸素は地球から運ぶ方がコストが
安くつくわけかね?
 地球で酸素を調達するのならその辺にある植物で十分すぎるほど間に合うだろ?

 それとも月で酸素やその他の資源を調達するよりも地球から持ち出したほうが
長期的にはずっと楽なのか?

 月に酸素があるというのなら利用したほうがいいじゃん。


230 :( ´_ゝ`):02/02/12 10:40
 月の土中の酸素から水を作るとした場合、豊富なイルメナイトは利用するというのは
いいと思う。
 イルメナイトと水素を化合させれば二酸化チタンと鉄と水になる。

 地球から水素を運べば基地建材用の鉄と、生命維持用の水が抽出できるわけだ。
 エネルギー源は太陽がいいだろう。


231 :オーバーテクナナシー:02/02/12 10:52
>>229
誰か「月基地で使う資源」の話なんかしてた?
どちらかというと「月の資源を地球に持ってくる」という前提で話してると思うけど。

232 :158あたりの人:02/02/12 10:58
 >>229 >>230

 月に酸素があるということ自体が電波だというのに。

 たとえ人類がスペースコロニーを作るとしてもその資源は月からよりも地球から
運んだ方がずっと安価なんですよ。
 NASAの宣伝を間に受けて、大して役に立た無い月を有益なように利用しようと考え
るのは時間の無駄だよね。
 君も、>>45と同様にその辺の情報を見て喜んで見て惑わされてんだから哀れだよ。


233 :( ´_ゝ`):02/02/12 11:02
 >>232

 それが正しい理屈ならオーストラリアや北米を開拓、工業化政策を進めていた
英国人の努力は実らないと思うのだが?

 それとも人口問題とか資源問題というのは人間が宇宙に行く理由にはならない
というわけか?

234 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/12 11:10
おはよーございまーす。まー、すでに終わったことだし、マターリと。

>221さん
> 地球を背景にして,着陸船や飛行士が映ってる映像ありますか。
> それがあったら,信用する。
他の人は大体わかってくれたみたいですし、
221さんは別に信じてくれなくてもいいですよ。

>233さん
> それが正しい理屈ならオーストラリアや北米を開拓、工業化政策を進めていた
> 英国人の努力は実らないと思うのだが?
オーストラリアや北米に行ったり帰ってきたりするのと同じくらいの気安さで、
月に行き来できる時代になったんですか?

235 :( ´_ゝ`):02/02/12 11:13
>>231

 今までのスレで「月の資源を地球に持ってくる」という発言を誰かしていたのか?
 勘違いもほどほどにしてくれ。

 第一、宇宙開発は宇宙開拓という意味が原点のはずだ。
 アポロ計画を開始したケネディの演説を見てわしはそう感じたぞ。

 第一、重力の弱い月で資源を採掘する事自体、地球重力の制約を輸送面で
受けるないようにと考えてのことでは無いのか?

 特に”158あたりの人”。
 地球からのロケット打ち上げがどれほどエネルギーを食うか一度計算
してみろよ・・・

236 :( ´_ゝ`):02/02/12 11:20
>>234

 説明するのは面倒だからアドバイス。

 新大陸を開拓していた頃の英国の歴史でも読んでご覧。
 もしくは大航海時代の海運の歴史でもいい。

 英国人が君のような考えだったら、北米の先進国入りは100年遅れたよ。


237 :158あたりの人:02/02/12 11:38
 >>232は偽者だよ。

 でも>>40さんの疑問はもっともですよ。

 空気さえも作らなきゃならないところへ何億も送るよりも、核戦争で人口削減
したほうが効果的ですよ。

 当然、少数のエリートだけが宇宙に行くなんてイタイ勘違は論外です。
 そんな方法で生き延びるよりも死んだ方が楽だって思わないのかな?

 ( ´_ゝ`)が偉そうなこと言うのは見ていて哀れですよ。


238 :220:02/02/12 11:38
>>230
>イルメナイトと水素を化合させれば二酸化チタンと鉄と水になる。

ソースキボンヌ、と。

239 :( ´_ゝ`):02/02/12 11:44
>>237

 あんたが何者か興味が湧いてきたよ。

 エリート達ならば秘密の地下都市みたいなところで生き延びようとするんじゃないか?

 まあ、現状下では何億も宇宙へ送るより、核戦争か何かで人口抑制したほうが
早いだろうけど、ヒットラー顔負けだよその思想は。

240 :220:02/02/12 11:46
しかしあれだね。非常にわかりやすい自作自演だねえ。

241 :( ´_ゝ`):02/02/12 11:54
 化学反応式で考えた方が早い。(小さい数字を入力できないので見難いのは勘弁)

 FeTiO3(イルメナイト) + H2(水素) → TiO2(二酸化チタン) + Fe(鉄) + H2O(水)

 まあイルメナイトは粉砕して水素と一緒に加熱する必要があるだろう。


242 :220:02/02/12 12:00
215≠232=237 (=229=230=233=235=236=239=241)
という感じかな?
あ、化学式ありがd

243 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:00
>>241

 その化学式は正しいのか?

 >>220さんの話だとデタラメっぽいが?

244 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:00
>>232>>237も「158あたりの人」を騙って自作自演してますね。何とか自分が
まともな風で終わらせようと演出してんのかー。

余計むごい泥沼にはまっているけど、がんばれー。

245 :220:02/02/12 12:01
241=243、と。


246 :240 ◆8oEf4R2M :02/02/12 12:07
>240=220
同意。>237で「158あたりの人」を名乗っている人は、トリップでもつけてくださいね。
237がいきなりsageじゃないのも笑えるけど。

>241さん
地球から持ち出したほうがいいか、現地で調達したほうがいいか、
それは単純に規模やコストを比較しての結果になるでしょうね。

研究室レベルで元素の分離に成功するのと、
実用化レベルで元素を「生産」するのとでも、また話が違ってくるでしょうし。

数百人とか数千人規模で、月面に恒久的に人類が定住するとなったら
現地生産プラント建設の話も現実味を帯びてくるでしょうが、
それは数十〜百年単位の未来の話でしょうねえ。
もっとも、そういう話をしてこその「未来技術板」ですけど(w

アポロ計画のときはせいぜい数人、それも数十時間滞在するだけだったから、
持ちこみのほうが安く上がったんでしょうねー。

247 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:07
>>244

 いやいや単にふざけているんですよ。

 同じサーバーを通している限り個人の特定が容易だって事は常識だからね。

248 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:10
>>246

 たった数人を数十時間送るのに酸素や水の工場なんて、誰も考えないよ。


249 :240 ◆8oEf4R2M :02/02/12 12:11
>244, 247さん

申し訳ありませんが、電波と疑われたくないなら、
発言はsageでおねがいしますね。識別が簡単だから。

250 :220:02/02/12 12:12
>>246
?トリップからすると40さんですよね?

それはさておき、
本人なぜ自作自演がばれるのかわかってないらしいところがまた笑える。

251 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:12
さらに、
( ´_ゝ`) =247=248
なんでばれるのか早く気づけー。

252 :240 ◆8oEf4R2M :02/02/12 12:18
>250さん
あ、>237=( ´_ゝ`) とわかったうえでの発言ですよ>246の第1段は。

第2〜5段落は、まあ一種のお付き合い、ということで。
これで「いや、アポロのときも酸素を生産していたんだ!」なんて言いはじめてくれたら
まだしばらく楽しめそうだし。古いおもちゃも大事にしましょうよー。

253 :220:02/02/12 12:22
>>252
いや、というか、名前欄…

254 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:23
 真面目に話すと月に工場を作る場合

 数百人以上の人間が長期滞在する場合であり、

 まず空気と水の生産、保全、循環システムの確立だろう?

 後は採光調節機能を持った農場の建設というわけだ。

 「月面基地の実現性について」という話になってしまうが、まあ、健闘する
のも面白かろう?

255 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/12 12:23
>253さん
……あー! 今気づいた! 240になってる!!
うわ、はずかしい。253さんありがとうー。

256 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:26
158にこだわるのは相当こたえたからなぁ。ちょっときつかったですね。ごめんね。
(マジでちょっと良心が痛んだ。)

257 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:29
 >>252

 違うね。いっその事、「古代宇宙人の遺跡基地を発掘していたんだ〜」

 の方が面白かろ?
 

258 :220:02/02/12 12:29
>>255
いえいえ。トリップ破られたのかと一瞬ビクーリしました:)

>>254
あと工場の人員の退屈解消のため
自作自演によるエンタテインメント提供システムも必要だとおもうYO!

259 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:34
>>258

 同感!これも真面目な話。

 過酷な環境下、狭い基地に閉じ込められた人間は容易にノイローゼを起こすからね。

 これは提案だけど、農場兼公園のような場所を作って定期的にお祭りを開くというのはどうだ?


260 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:38
それから、生命維持機能が充足されたとして月基地が果たす役割は何がいい?

スペースコロニー建設支援も夢があるが、火星旅行用の宇宙港とか、天文観測所
という機能も検討に値するのでは?

261 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/12 12:39
「月の裏側の天体観測基地で、地球から届くデムパを待ち焦がれる隊員たち」
……ある意味萌えるシチュエーションですなあ。

262 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:44
>>261

 デムパで無くとも家族からの便りは待ち遠しいと思う。

 地球を見れないのならなおさらでしょう。

263 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:49
だんだん「未来技術」板にふさわしい内容になってきたようですね。
最初は過去の技術にケチつける内容でしたからねぇ。

264 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:52
>>254
うまい落しどころですね。どっかで聞いたような話に変わったけど。まあ、
このまま収拾を図ったほうがいいかもよ。

265 :オーバーテクナナシー:02/02/12 12:52
>>263

 皆々様、悪夢から覚めたって事で(w

266 :オーバーテクナナシー:02/02/12 13:14
>>236
蒸し返すようなんであんまり突っ込みたくないんだけど・・。

同じ地球上での英国の新大陸への進出と月に基地を作って進出ってのを
あんまり並列に考えないほうがいいですよ。相違点を挙げればきりが無い
けど勝手が違いすぎると言うか、資源の利用が現存の技術のままではだめ
なところとか。

人間はそうとう切羽詰らないと月や宇宙へ進出しないような気がする。

あ、やばい地雷踏んだかな?

267 :オーバーテクナナシー:02/02/12 13:19
>>266

 いえいえ、おっしゃる通りですよ。

 好き好んで故郷を捨てるものはいません。

 ましてや空気さえ有料ではね・・・

268 :オーバーテクナナシー:02/02/12 13:23
>>266

 ただ危機意識というのは人それぞれですからね。

 異民族のお偉いさんが何考えてるかなんて、不勉強な私にはわかりませんし、
知ったとしても簡単に説明できんでしょ。

269 :オーバーテクナナシー:02/02/12 16:17
月面基地についてはコロニーとの比較論も必要かと思いますが。
ってそんなスレどっかにあったな。てゆうかループしてるっぽいけど。まあいいか。

270 :オーバーテクナナシー:02/02/12 16:33
 人間を何年も住まわせるなら、やはり1Gの人工重力(デンパなんて言うなよ!)
を出せるコロニーの方がいいだろう?

 月の重力で育った人間は骨格が脆弱化して地球に帰れない。

 ただコロニーの採光窓は二重にして中を水で満たせば、オニールのプランよりは
安全面、生活面でいろいろ有利になりそう。(ドーナツ型のコロニーよりも
円筒型が好きな奴の独り言。)


271 :オーバーテクナナシー:02/02/12 17:57
>>256
>158にこだわるのは相当こたえたからなぁ。ちょっときつかったですね。ごめんね。
>(マジでちょっと良心が痛んだ。)

君の電波がきつかっただけですよ。よって158さんに謝る必要なし!
逆に158さんのほうが良心が痛んだはず
あっ いいオモチャを見つけたので喜んでるかも

電波君まだいるみたいだけど、話題をすりかえれてよかったね(藁

遠くの地からあなたの電波をビンビン感じてます。
これからもみんなを楽しませてください。

ではでは







272 :R.北浜:02/02/12 19:43
>>271

 未来技術版というのは暇人かDQNの遊び場だというのは本当だな(藁
 
>遠くの地からあなたの電波をビンビン感じてます。

 はっ、それはそれは、で、救いのUFOはいつ来られますか?(藁


273 :矢追純一:02/02/12 21:09
>>272
>はっ、それはそれは、で、救いのUFOはいつ来られますか?(藁

残念ながら電波君は宇宙人にも相手にされません。
ひょっとしたら捕獲のためのUFOは来るかもしれません。(w

274 :R.北浜:02/02/12 22:42
この調子だと、「実はアポロは地球製UFOだった」と絶叫する奴も出たりして・・・(w


275 :オーバーテクナナシー:02/02/12 23:19
ただジサクジエン見破られ、恥ずかしくなったデムパが
名無しを騙ってジサクジエンで事態を収拾しようとした
だけだと思われ

276 :オーバーテクナナシー:02/02/12 23:24
>>271
あ、ごめん。>>256=>>158なんだけど。今となってはどうでもいいですが。

277 :R.北浜:02/02/12 23:34
>>275

 案外、マトモな奴は一人もいなかったのでは?・・・(嘲

 まあ人間なんて多かれ少なかれ狂気をはらんでいるもんだが(嘲

278 :R.北浜:02/02/12 23:40
>>276

 オモチャ呼ばわりした相手に、今ごろ取り繕ってどうする?(w

279 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/12 23:53
> オモチャ呼ばわりした相手に、今ごろ取り繕ってどうする?(w

276さんは271にたいして「勘違いだからね」って呼びかけただけだよね。
で、278さんには、それが「取り繕って」いるように見える、と。
ふーん。



280 :オーバーテクナナシー:02/02/12 23:58
>>1はカプリコン1の見過ぎ、もしくは陰謀論信者で電波。

281 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/13 00:00
>274=277の必死なポーズ↓
> この調子だと、「実はアポロは地球製UFOだった」と絶叫する奴も出たりして・・・(w
> 案外、マトモな奴は一人もいなかったのでは?・・・(嘲

>275の指摘↓
> ただジサクジエン見破られ、恥ずかしくなったデムパが
> 名無しを騙ってジサクジエンで事態を収拾しようとした
> だけだと思われ

……ダメをダメでカモフラージュしようとしている人間が約1名、いるようですねー。

282 :オーバーテクナナシー:02/02/13 00:01
>>278
何でバレるのか未だにわかってない奴。(藁

283 :オーバーテクナナシー:02/02/13 00:05
>>268
そうですね、どのレベルの危機感で月や宇宙に住もうという動機になりえるかというのは
私にもわかりません。あなたも言っていたように人口問題に関してはもっと手っ取り早い
解決方法を人類は選択するかもしれません。(そうであってほしくは無いとは思いますが。)

ただ、
・月にある(かもしれない)ウランやヘリウムをわざわざ取りに行く。
・月面に秘密の基地を作る。
なんていうのは費用に対する無意味さ・幼稚さという点でありえないと断言できます。これも
あなたが言ってましたが、今の技術じゃ地球からのロケットの打ち上げはものすごい
エネルギー/コストがかかりますからね。アメリカやNASAだけが極秘のうちに宇宙に気楽に
いけるだけの技術を開発し保有できるって考えるのも相当無理があります。

特にウランとかの核分裂物質は地球上にある分だけで相当だぶつきそうなのでわざわざ月に
行く理由なんて皆無でしょう。

まあ、このスレにはそんなアホなこと言う人はいなくなった(もともといなかった?)ようなので
これは不要なレスでしたかね。

284 :R.北浜:02/02/13 00:13
>>279

 >>271を読んでそう感じたのだが?
 「276さん」ねえー。やけに庇うけど、この場合誤解される方が悪いだろ?(w

>>280

 このスレに来ること自体デムパの証明だよ。あっ、オレもそうか(w

285 :オーバーテクナナシー:02/02/13 00:16
>>279
たぶん、「ごめんね」って謝ってるのを「取り繕っている」といっているんだと思います。
私は単にR.北浜さんが自作自演までして自分を正当化しようとしているのが大変そう
だなぁと思っただけです。そのお手伝いをしようとしたんですが・・。まあ、そういう意味
では取り繕っているのかもしれませんね。

あれぇ?私別の人と勘違いしてます?

286 :オーバーテクナナシー:02/02/13 00:18
>>284
>このスレに来ること自体デムパの証明だよ。あっ、オレもそうか(w

つか、あなたのデムパっぷりが際立っています。(藁

287 :オーバーテクナナシー:02/02/13 00:30
280=284

288 :オーバーテクナナシー:02/02/13 00:34
玲に代わる新たなヒーロー誕生か!?

289 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/13 00:48
>285さん
んー、271の発言は、「256=45だ」と誤読してたでしょう。

>284=280=177=45(他多数)
自分よりダメな人間を自作自演することで自分のダメっぷりを隠そうとしたり、
この期に及んでスレ全体を無効にしようとしたり。なんかもう、あまりに典型的過ぎて……。

このスレをはじめてみるすべての方へおしらせ。
一見長いですが、>>215-217を読めば、それで終了です。

290 :オーバーテクナナシー:02/02/13 01:01
>>283

 人間の本質は野蛮だった時代と大して変わりませんし、口減らしに弱者を犠牲にする事
など現代でも珍しくない話です。

 それから、大掛かりな月基地を作るとしたらやはり、火星進出かスペースコロニー
建設支援の為ぐらいでしょう。

 現在の地球の文明は(公害問題さえクリアすれば)既存のエネルギーでもしばらく存続可能
ですし・・・特に月からの資源に頼る理由はないのです。
 
 よって、人口問題による宇宙移民政策が強力な国際組織の力で進められない限り
月基地は建設されないでしょう。(国連では期待するだけ無駄です。)

 ただし実際に、宇宙開発を主導しているのは我々日本民族ではなくアングロサクソンの国
アメリカですから、彼らの考え方を知らないまま、あれこれ決め付けるわけには参りません。
その意味で彼らの歴史的発想を学ばねば、マトモな論議も出来ないでしょう。


291 :R.北浜:02/02/13 01:30
>>287 >>289

 ふーん。面白い意見だねえ(笑

 いや凄い眼力だよ(爆

 うんうん事実事実(wwwwww

 というわけでこれから退散します。

 あ、そうそう後でどこかの番号を名乗ってあなた方の指摘は間違いだという人が
出るかもしれないけど気にしないでね。偽者だから。

 あなた方は絶対に正しいから、信じちゃダメだよ(藁

292 :オーバーテクナナシー:02/02/13 01:42
>>290
基本的にすべて同意します。ただ、290さんの一連の書き込みを見ていて290さんは
必要以上にアメリカという国に対して脅威・恐れを抱いているように感じます。

もちろんアメリカに限らず世界中の国に対して歴史やその地域に住む人々の考え方を
学ぶのは重要ですし、それを知らずして相手を過信や妄信してしまうことは非常に危険
な事だと思います。そういう事はここにいる方々は十分に承知していると思います。

ただ、そのような考え方の行き過ぎで到底ありえない疑念まで持つようになり、疑心暗鬼
に陥ってしまい本当の事まで見えなくなってしまうのは同じように危険なことではないで
しょうか?そういう風にならないためにもあなたが言っていたクロスチェックや自分の頭で
考えることは(使い方さえ間違え無ければ)重要だと思います。

それから、アメリカはアングロサクソンの国と言ってしまえるほど単純ではないです。
州や地方でも考え方がまったく変わってしまうこともあるのでアメリカとかアメリカ人
とかひとくくりにされるのはちょっと抵抗があります。まあ、言葉が違うので何を考えて
いるのかわからないというのは理解できますが(むこうもそう思ってる)、会話を勉強し
て一度アメリカなりに旅行にでも行かれて人と接してみてはいかがでしょうか?

同じ人間同士ですからそうそう基本的な考え方が違うものではありませんよ。ちゃんと
分かり合えるし、策略家ばかりではないし、政府・役所といえども浅い考えで間抜けな
ミスはたくさんします。

293 :オーバーテクナナシー :02/02/13 02:08
 私が本当に恐れているのはアメリカ政府中枢ではありません。

 それから、同じ人間同士という考えは、異なる民族が接触する時に最も重大な
ミスを犯させる考えです。(否定はしませんが・・・)

 民族ごとに上下があるという意味ではありませんよ。

 例えれば、同じ文房具でも消しゴムと鉛筆に見られるような”違い”の
問題なのです。

 同じ白人同士でも無視できない違いを「人間平等」で乗り越える事は不可能です。
 両者の違いを正しく認識し、そのすりあわせをどうするか?向こうの発想上の癖は
どうか?という認識無しに異人種を語る事は”誤解”に繋がりますよ。

294 :オーバーテクナナシー:02/02/13 02:14
ジサクジエーン

295 :220:02/02/13 02:20
自作自演厨イイカゲンマジウザイ。早く氏ね。

296 :オーバーテクナナシー:02/02/13 02:23
>>293

 どうも余計なことをぼろぼろ喋りすぎましたね。
 未来技術版ではなすことではありませんでした。

 でもこれだけは指摘します。「基本的な発想は違わない」とおっしゃいましたが、
その考え自体が間違いです。

 確かに人間的感情や本能は同じです。(だから同じ人間とはいえます)

 しかし、発想の土台となる宗教文化や言語が違う為に「戦いの発想」、
「駆け引きの発想」、「科学の発想」までが異なると思います。


297 :オーバーテクナナシー:02/02/13 02:28
ジサクジエン厨は捨て台詞がお好き

298 :オーバーテクナナシー:02/02/13 03:26
つまらん

299 :オーバーテクナナシー:02/02/13 04:12
>>293 >>296
まあ、このスレのように同じ言語を用いる小さな世界でさえもあなたは誰からの理解も
得られなかったので人同士の違いを乗り越えるのは難しいというのは正しいかもしれま
せん。ましてやあなたが人種・宗教の違う相手を必要以上に怖がっているのはあなたの
コミュニケーション能力から察すると理解できます。

別にあなた一人が他人や他の国の人とコミュニケーションできなくっても別に世界経済や
科学技術の進歩には何の影響も与えないからかまわないといえばかまわないんですが、
こういう人が増えると差別や戦争が蔓延る結果になってしまう。

300 :オーバーテクナナシー:02/02/13 05:08
結論

デムパ君はXファイルでも見ながらオナニーしてなさいって事ですね?

>>299
痛いとこ突きましたねぇ デムパ君にロックオンされますよ(藁 
気をつけて下さいね

301 :オーバーテクナナシー:02/02/13 05:52
おはよう>>221です。
やっぱり映像は無いようですね。
ふーん,やっぱりね。

302 :オーバーテクナナシー:02/02/13 06:37
ある。
URLを貼ってないだけ。
その程度探せ。


303 :NASA広報:02/02/13 07:07
>>226にURL張りましたが、日本人はやっぱり自分に都合のいい情報しか信じないんですね。
こっちもアメリカ国民の税金で働いています。アメリカ人の寛大な精神で映像を公開してあげているのに。
そんなに疑うのなら自分たちの力で行って下さい。

304 :オーバーテクナナシー:02/02/13 08:21
ま、映像見つけたら見つけたで「合成だ。特撮だ。捏造だ。謝罪と賠償を(以下略)」
とうるさいんだろうけどね。(藁

305 :オーバーテクナナシー:02/02/13 08:54
同じ内容のスレが両方こんなに育つのってなんなの?

月面着陸ってウソなの?
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/1010832156/l50


306 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/13 08:58
うーん、個人的には、もう少し育ててからつついたほうが面白かったと思うけど、別にいいか。

私がこのスレで学んだのは、電波に道理を説くのは無駄であって、
むしろその論理の飛躍や一般人との感覚の乖離が炸裂している発言を引き出して楽しむ、
くらいの心の余裕がないと同レベルに落ちてしまう危険があるなあ、ってことでしょうか。

■# このスレの結論は>>215-217で出ておりますので、初心者のかたはそちらへどうぞ。

307 :オーバーテクナナシー:02/02/13 09:14
アポロは嘘ネタは天文と未来技術で5本以上スレが出来てるよ。
例の糞番組の影響だろうが、寒すぎる。

いいかげんうんざりだ。


308 :オーバーテクナナシー:02/02/13 09:22
それでいてオカルト板に立ったスレがもう沈んでいるというのがなんか腹立つ。(藁

309 :オーバーテクナナシー:02/02/13 12:04
>>283
ヘリウム3に関して言えば現在の技術水準で月に行って採掘して持って帰っても十分採算がとれると
見込まれています。まぁこれは地球上にほとんど無いからって理由が大きいですが..


310 :オーバーテクナナシー:02/02/13 12:54
>309
ヘリウム3を使用する核融合炉はなかなか実用化されそうにないけどね。
あと50年くらいはかかるんだろうか? 期待はしてるんだけどな。

311 :オーバーテクナナシー:02/02/13 13:29
>303
似たような文面の書き込みをハン板で見たことがある
あちらではアメリカ→日本で日本→韓国だった
バカばっかりだ・・・

312 :オーバーテクナナシー:02/02/13 13:48
>311
>303はギャグだって。>>226に貼ってあるリンク先の画像見てみ。

313 :オーバーテクナナシー:02/02/13 19:35
>>299

 君の知る世界史はさぞや平和な時代が続いていたんだな・・・
 まあ、馬鹿はカルタゴ史だけでも勉強しなさいってことだ。
 
>>310

 既存の原子力さえ扱いかねている状況で核融合技術は完成できるのか?


314 :220:02/02/13 19:40
>>313
早く氏ねよ。もう来るんじゃねーよハゲ。

315 :オーバーテクナナシー:02/02/13 19:54
>>313

日本の現状は、同じ通商国家だったカルタゴ滅亡を学んでみるとよくわかりますよ。
特にアングロサクソンのやっていることはローマと同じなのですから。

相手を分析し、恐れるべきを恐れない国は、所詮滅びるのです。

思うに君は平和を他国に依存する日本の社会意識に慣れすぎて、植民地根性が生じたとしか
思えません。

わずか一個軍団で十数年もの長きにわたりローマを追い詰め、苦しめたハンニバルを
追放してローマとの宥和を図ろうとした売国奴連中は、ローマ人の善意を喧伝してやまない
カルタゴ富裕層でした。

ハンニバルを自殺に追いやった後、ローマがカルタゴに何をし、平和をひたすら語った
貴族達が、その時国民からどう評価されたのか?

カルタゴ人に友情を感じていたローマ人有力者がその時どれだけ無力だったかを考えた方がよいでしょう。


316 :電波君がんばれ!!:02/02/13 21:21
>>313 >>315

まあ、このスレのように同じ言語を用いる小さな世界でさえもあなたは誰からの理解も
得られなかったので人同士の違いを乗り越えるのは難しいというのは正しいかもしれま
せん。ましてやあなたが人種・宗教の違う相手を必要以上に怖がっているのはあなたの
コミュニケーション能力から察すると理解できます。

別にあなた一人が他人や他の国の人とコミュニケーションできなくっても別に世界経済や
科学技術の進歩には何の影響も与えないからかまわないといえばかまわないんですが、
こういう人が増えると差別や戦争が蔓延る結果になってしまう。




317 :283:02/02/14 02:09
>>309
ヘリウム3を使用する核融合炉しかエネルギー源が無いとしたらしょうがないから取りに行く
かもしれないけど、他の方式の核融合や他の地球上で入手できる代替エネルギー(案)と
比べて月まで行くメリット(うまみ)がどれくらいあるかってことですよね?

まあ、確かにヘリウム3の利用は未開発の技術で不確かな部分が多いのでヘリウム3も含めた
のは間違いだったかもしれません。(本当はあんまり書きたくなかった。)

318 :40 ◆8oEf4R2M :02/02/14 02:14
http://rental1.virtualave.net/dengon0052.html#dengon20020119045043 より転載:

> どうやら三鷹ういさんの現われるところ、
> その周囲に“頭のおかしい人”がどんどん増殖してゆくようなのです。
> 今回はどのくらい増えるか、楽しみに観察しましょう。
> やがて、三鷹さん以外の世界中の人々が“頭のおかしい人”になって
> しまうのも、そう遠くないことかと思います。それはすなわち……い
> やあ、SF的で面白いですねー。

自分でやるより、こっち↓見ているほうが面白いや。上手だし。
「三鷹ういホームページ研究」
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ray_fyk/mitaka_oui.htm

319 :オーバーテクナナシー:02/02/14 02:48
>>315
単にカルタゴにあなたみたいに人の話を聞かない人間が多かったので滅んだんでしょう。
言語、人種、宗教の違いとはなんの関係も無いですね。

320 :まじくだらん:02/02/14 09:53
電波とか言ってるお前らの方がうぜぇよ。

321 :典型的回答:02/02/14 10:03
>320
そう思うなら見なきゃいいじゃん。

322 :オーバーテクナナシー:02/02/14 11:12
>>319

 ハンニバルを追放し、ローマの要求は全て飲もうと叫び、本拠をローマの大軍に
包囲されるまで、ローマとの友好を主張していたのはローマ留学組の貴族でした。

 ローマとの共存は絶対不可能と考えていたハンニバルの考えが過激だとしても、
ローマの言い分を真に受けなかった”過激派”の正しさは後世の歴史家が認めています。

 念のために言いますがカルタゴという国はローマの要求に従った武装解除後、
ローマ軍の侵攻を受けて滅ぼされたのですよ。(あなたは「〜でしょう」とか
言われますが滅ぼしたローマさえ認めていることを憶測で語らないようお願い
いたします。)

 ソースを知りたければ戦争や政治の歴史書でもご覧下さい。
 カルタゴ滅亡に関しては引用しきれないほどの著作が出ております。

 さらに言うと宿敵カルタゴを滅ぼした後、その”事業”に最大級の支援をした
ヌミディアはローマの属領に転落いたしました。(むろんヌミディア王家が
望んだ結果でなかったことは確かです。)

PS:古代ならいざ知らず、現代では「言語、人種、宗教の違い」が戦争や
政治と何の関係もないというのならトルコのEU加入問題”だけ”でも
勉強してみてください。
 もしくは英国教会とカソリック、プロテスタントの対立だけでもよろしいでしょう。


323 :オーバーテクナナシー:02/02/14 12:08

     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/<先生!この板で歴史を学べるとは自分感激です!
 _ / /   /   \_______________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \ 
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

324 :オーバーテクナナシー:02/02/14 12:10
>>322
カルタゴの市民にとっては、ローマの属領となって
「結果的にはよかったんじゃないかな」
(カルタゴ陥落時の悲惨な状況はこの際都合よく忘れるとして)

325 : :02/02/14 12:39
月着陸疑惑に関するスレを見てきましたが、以下の疑問がまだ残っています。

既に何度も指摘されていますが、月面で撮影された写真に写っている十字マ
ークが月着陸線によって遮られているという指摘が有ります。
これに対する反論は、ほとんどなされていません。ハレーションで見えなく
なっているとする反論が有りましたが、写真を見る限りとてもハレーションが
原因で途切れているとは思えません。明らかに月着陸船等によって十字マーク
が途切れています。どう考えても、十字マークが写っている背景写真に、後から、月着陸船等を合
成貼り付けしたとしか私には考えられません。

非常に決定的なよう仁尾もめるのですが、みなさんこの点についてどう考えますか?

326 :オーバーテクナナシー:02/02/14 12:41
>>324

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今まで多くの古代史を読んできましたがカルタゴ滅亡を指して「カルタゴ市民に
とって(結果的に)良かった」という方は珍しい・・・というより初めてです

 では、>>323さんへのサーービスも兼ねてカルタゴ制圧後のローマの処置を
簡単に説明しましょう。

 カルタゴ市の建造物や城壁は平らになるまで破壊しつくされ、農地には塩が
撒かれて農業すら出来ないようにされました。
 痕跡は消された格好となり、属領としての運営も不可能なようにされたのです。
 完全に無人の焦土と塩害の地にされたわけです。

 生き残ったカルタゴ市民数万(開戦時の人口は20万)は連行され、奴隷として
売却。

 なお、市街戦終了時には5万いたカルタゴ人はローマが降伏した者をどうするかを
知っており、多くが神殿に立てこもって焼き殺されました。
 
 歴史的に言ってヒューマニズムというのはギリシャ産の新来哲学だという事を
よく考えてください。
 >>324さんは歴史の冷酷さとそれに鍛えられた民族のメンタリティというものに
無頓着すぎませんか?

 PS:今まで>>324さんを植民地根性の持ち主だと思っていましたが、これからは
”奴隷根性の持ち主”に訂正させていただきます。

327 :324:02/02/14 12:52
このスレじゃ>>324が初カキコだよ。誰かと間違えてるね。

328 :オーバーテクナナシー:02/02/14 13:01
>>325
http://www.badastronomy.com/bad/tv/iangoddard/moon01.htm
下の方にテスト画像と説明があります。

地球上では大気と光の強さの関係で完全には消失していませんが、
明らかに見えにくくなっています。


これだけでは不十分だと考えるならば、
反証してみてはいかがでしょう?

つまり、325さんの指摘する点を立証するのに最も簡単な方法は、
白以外の部分で十字が後ろに回っている部分を
見つけることだと思います。

しかし、そのような写真は私の知る限りありませんし、
TVで指摘された部分は全て白い物体の部分です。
何故でしょうか?

329 :オーバーテクナナシー:02/02/14 13:15
>>327

 申し訳ありません。人違いだったようです。

 でも>>324の内容を見る限り、あなたの語る平和は「奴隷の平和」です。

 たしかに何を企まれようとも無抵抗かつ無邪気でいれば戦いにはなりません。

 でも怪我させられてもニコニコ、家を焼かれてもニコニコ、断種されて奴隷に
されてもニコニコでは極楽行きでも保証されない限り救われないと思うのですが?


330 :オーバーテクナナシー:02/02/14 13:38
しかし、「写真は合成だ」とか言ってる奴らって、
30年前とはいえNASAの技術者が今のアイコラ作家程度の
事も出来ないと思ってるんかね。
つーかその前に、合成してるんなら十字線だの影だのに
気づかないとでも思ってるんだろうか?

331 :オーバーテクナナシー:02/02/14 13:49
>>330

 合成写真の事は知らないが、手品に於ける錯覚やトリックに関する
心理学の話を思い出したよ。


332 :オーバーテクナナシー:02/02/14 13:58
>>325
カメラの板にいけば納得のいく返事もらえるんじゃないかな?

333 : :02/02/14 14:06
http://203.174.72.111/jan_vermeer/

334 :オーバーテクナナシー:02/02/14 18:22
太田垣康男の『MOONLIGHT MILE』っていうガテン系近未来宇宙開発漫画があるけど、
あれは日米欧露が協力して月面に核融合発電所を建設しようとしている、っていうのが
バックグラウンドの設定だなー、とかふと思い出しました。
2009年から始まってるあたりがちょっと無理あるけど、話そのものは面白いと思います。
ああいう時代が早くこないかなー。

335 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:49
ここが噂のカルタゴ勉強スレですか?

336 :オーバーテクナナシー:02/02/15 00:07
>>335
いえ、電波君がなんの関係もない話を持ち出して妄想をぶちまけているスレです。

337 :オーバーテクナナシー:02/02/15 00:26
どんなレタッチしても十字線は普通最後に書くよねぇ。

338 :オーバーテクナナシー:02/02/15 00:56
>>322
ん?意味通じなかった?
たくさんの情報に惑わされて真偽の判断ができなかったり、人の話を聞かないもしくは聞いても
うまく咀嚼できないあなたのような人間が「ローマ留学組の貴族」とやらに多かったんですよね?
(「〜でしょう」という憶測はあなたの書いた文章から察するにということです。)

ですが、あなたが新聞の集金の人までCIAのスパイと思ってしまうような極度の対人恐怖症と
カルタゴの滅亡は何の関係もないです。そもそも、カルタゴの話は本論とはなんの関係も無い
ですね。あなたの思考が暴走しているだけです。

で、質問なんですが、あなたは他の人に対していつも、「怪我させてやる」、「家を焼いてやる」、
「断種して奴隷にしてやる」って企んでるんですか?怖いですね。確かにそんな人と親しくなる
ぐらいなら少しぐらい人種や宗教や言葉が違ってもまともな人と接した方が私はいいです。

339 :オーバーテクナナシー:02/02/15 02:08
ウワァァァン!やっぱりカルタゴ勉強スレじゃないかぁ!!

340 :オーバーテクナナシー:02/02/15 02:20
>339
おちけつ。
しかしよく読むと339もヒステリックになりすぎで電波っぽいぞ。

341 :340:02/02/15 02:22
>340の2行目は>338です。スマソ。

ま、sage進行でマターリと行きましょうや。おかしな人は約1名しかいないんだし。

342 :オーバーテクナナシー:02/02/15 02:41
カルタゴの勉強にはならないよ。ほとんどデタラメ(w

343 :まじで:02/02/15 03:30
あげ足取りしかできねぇんだな、おまえらって。
しねよ。

344 :オーバーテクナナシー:02/02/15 03:33
AAの>>323にサービスっていってんのがカナーリ ワラタ
一連のやりとりみてるとイヤミは通じないみたいね

345 :343:02/02/15 03:34
誤爆。スマソ

346 :オーバーテクナナシー:02/02/15 03:36
>344
それは「皮肉など意にも介さないオトナなワタクシ」演出だと思われ(w

347 :オーバーテクナナシー:02/02/15 04:34
素人の質問で悪いが,月が45億年前に出来たと何故判るの?
月の石って表面から持って来てるでしょう.
月の表面って,クレーターだらけで、外の所からきた隕石ばかりじゃないの.

348 :オーバーテクナナシー:02/02/15 04:52
>347
「放射年代測定法」っていう、放射性元素とそれが崩壊してできた元素の
相対量から、岩石ができた年代を割り出しているよ。

あと、クレーターのサイズは運動エネルギー(質量×速度)で決まるけれど、
隕石の質量のほうはとても小さいんだ。
ためしに、公園の砂場に小さな泥団子を投げつけてみれば、クレーターを
形作っている物質が何でできているかわかるよ。

349 :347:02/02/15 05:19
隕石と月の石って如何見分けるんですか.
それに放射性元素の崩壊って,月の環境でも変わらないの.

350 :オーバーテクナナシー:02/02/15 05:22
?

351 :348:02/02/15 05:46
ごめん、「月の石と隕石はまったくの別物である」っていう誤解を与えそうな書き方をしてしまいました。

月の石も隕石も、太陽系創成期からほぼそのままの状態を保持し続けているっていう
点では同じなんだよね。だから正確に言うと
”月の石も、隕石も、同じ由来を持っている”(表現へたでごめん)。
だからたとえば、
「地球上にあるきわめて古い年代の岩石」「地球上にある隕石」
「月面の岩石」「月面にある隕石」
それぞれの共通点や相違点を調べてみることで、太陽系創成期の研究が進む、ってわけ。

それから、たいていの隕石には特徴的な構造や物質が含まれてたりするので、
きちんと調べれば見分けられるそうです。

そんでもって、放射性元素は、温度とか圧力には影響されず
安定して一定の割合で崩壊していくんだそうです。
ま、だから測定法として有効なんですけどね。

せっかくだし、自分で調べてみては?
「放射年代測定法」で検索すると、いろいろ興味深いページがヒットしますよ。

352 :オーバーテクナナシー:02/02/15 05:53
>>348
細かくて申し訳ないけど、エネルギーなら1/2×質量×速度^2

353 :348:02/02/15 06:03
>352
あ、そうですね。「比例してることがわかればいいや」ってテキトーに書いてしまったけど、
よく考えたらこういう細かいところをきちんとしないとダメなんだった。
中学レベルからやりなおしてきまーす。

>347
こことか、同じサイト内のいろいろなページとか、面白そうですよ。
http://www3.justnet.ne.jp/~hagiya/earthage.htm

354 :347:02/02/15 06:55
丁寧な解答有難う御座います。でも全然わかりません。
放射性元素の崩壊が,温度や圧力で変わらないなら,
月のクレーターの年代は如何して調べるのですか。


355 :オーバーテクナナシー:02/02/15 06:58
このスレも伸びたので最初っからざっと見たんだけど、やつって、このスレ初登場からして
>>14=>>18の自作自演をやってたんだねー。自分で書いた問題提起に答えるふりして話を
自分のいいようにふくらましてる・・・。
それでこんだけ伸びたから実はすごいやつかも。

356 :348:02/02/15 07:57
>354
「放射性元素の崩壊(の速度)が温度や圧力で変わらない」から、
「月のクレーターの年代」を地球と同じ方法で測れる――
ということに、問題があるとは思いませんが?
申し訳ありませんが、質問の意味がわからないので、もう一度詳しくお願いします。

>355
>39=>45もすごい。うしろのほうで「39の文を読むと〜」なんて他人みたいに
書いてるのに、最初のほうで「予算に関しては再調査してみるよ」って
おもいきり口を滑らせてる。

357 :オーバーテクナナシー:02/02/15 08:54
>>354じゃ無いけど、隕石も月の年齢も45億年だとして月に隕石がぶつかってクレーター作っても
温度や圧力で何も変わらなかったらクレーター辺りの石をいくら調べたって45億年と言う数字しか
出てこないんじゃないかといっているんじゃないかな。
多分知りたいのはいつクレータができたのか?という年代なんでしょう。
(違ったらスマソ)

358 :348:02/02/16 02:57
>357
え、でもそれって>347=349の
> 隕石と月の石って如何見分けるんですか.
っていう質問と同じこと言ってますよね? それだったら、私は
351で答えたと思いますけど。

どのみち、2行しかない書き込みから質問者の真意を推し量るなんてのは不可能に近いから、
本人に直接説明してもらったほうが早そうですね。

359 :347:02/02/16 07:42
質問の意味は357さんの言うとうりです.
45億年前に出来た月に,45億年前の隕石が,八億年前にぶつかった時、
その八億年前と言う数字が、何処から出てくるのかと言うことです.


360 :オーバーテクナナシー:02/02/16 08:43
>359
絶対年代の測定はどうやっているかわかりませんが、相対年代を決める方法は
いくつかあるようです。
1.複数のクレーターが重なっている場合、後からできた方が覆いかぶさっている
2.月面にはミクロン単位の宇宙塵も降ってくるので、古いものほど埃が積もった状態になる
3.クレーターの縁の盛り上がりが、月震などで崩れていくことから判定する
など。

361 :348:02/02/16 15:27
あ、「クレーターを形作っている岩石」じゃなくて、
「クレーターそのもの」がいつできたのか? っていう質問だったんですね。
すみません、>358では誤解してました。

それから、>360さんありがとうございます。
実は私、その方法知りませんでした(笑 勉強になりました。
偉そうにひとに講釈たれられませんね、これじゃ。

362 :妄想技術 ◆HR.L62js :02/02/16 15:40
ムーみたら
「月のクレーターにはUFOの出入り口もある」
みたいなことが書いてあった。
「NASAの画像を拡大投影して見た」ら
「NASAが修正し損ねた物がいくつか見つかった」

レンズ歪んでる安いのでやってるんじゃねぇ!

363 :オーバーテクナナシー:02/02/17 01:53
ヒューストン-アポロ間の無線交信をアマチュア無線家が受信した記録は
ざっとGoogleしただけでは見つからなかったが、少なくとも各国の軍関係者等は
傍受していたはず。地上からの送信でアポロから送信したように偽装しようと
しても、世界中どこからでも月面方向からの送信に見えるような偽装は絶対無理。

と言ってみても電波君たちは
”(西側も東側も第三世界もひっくるめて) 世界中が陰謀に加担している。”
とか
”アポロが月周回軌道まで行ったのは否定しない。軟着陸技術が無かったので
無線中継機のみ硬着陸させたのだ。”
とか言い張るのだろうか?


364 :347:02/02/17 04:32
>>360
絶対年代の測定はやはり難しいですか。
皆さん有難う。色々参考になりました。

365 :794:02/02/17 04:34
                   ,、
                  / .\
                /ζ 禿  \
              / ̄ ̄ ̄ ̄\.\
. ________,/         \\________
 \           //\    \  /  | ̄\            /
   \  叩   /  |||||||   (・)  (・) |  \  騙   /
    \   /   (6-------◯⌒つ |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      \/    |    _||||||||| | < カツヲめ、またワシを召還しおったな!
      /\     \ / \_/ /   \___________
    /   \   (( \____/ ))    ./   \
   /  逝   \                 /  煽   \
 /         \ ________/         \
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               \  氏   ./
                \   /
                  \/
http://www.puchiwara.com/hacking/

366 :348:02/02/17 08:32
>347
こちらこそ、面白い質問ありがとうございました。
そういう疑問を持つのって大事ですよね。それが陰謀論とかに
つながっちゃったらアレだけど。

ちょっと関係ないけど「頼朝公3歳のみぎりの御されこうべ」なんて
ネタを思い出したり。

367 :348:02/02/17 08:41
そういえば、聖書の創造説を信じている人は
「地球はできてからまだ数千年しか経っていない」って主張しているんだけど、
何億年も前の化石が出土していることについては
「化石もすべて神様があらかじめおつくりになったものである」って説明しているんですよね。
で、なんでわざわざそんなめんどくさいことするの? ってたずねると、
「神には、きっとわれわれには測り知れない遠大な計画がおありになるのだ」
って答えるんですよねー。

ここまでくるといっそすがすがしいような気もしますが(笑、
でもこういうこと学校で教えてるとなるとちょっと問題だよなー。

368 :オーバーテクナナシー:02/02/17 21:03
月面にレーザーの反射板あるよね。
もし月面着陸がウソなら、それはどうやって持っていったのかな?
設置と微調整が必要なので、当時では無人じゃ無理だったよ。
つまり、本当の回と、ウソの回がある・・・・とおもわれ。


369 : :02/02/17 21:13
http://emobu.tfm.co.jp/article.php?id=029
http://emobu.tfm.co.jp/article.php?id=032
ご参考までに。

370 :オーバーテクナナシー:02/02/17 21:46
>>367
神さまのねつ造とか。

>>368
実は宇宙人さんが手伝って・・・・とか。

371 :オーバーテクナナシー:02/02/17 22:17
戦争や犯罪やロリコンの存在も「神の遠大な計画」です。
彼らを否定することは、創造主の完全性を否定することになります。

372 :アメリカンジョーク:02/02/17 22:25
「おいボブ、この間頼んだ部品、今週中には出来上がるんだろうな?」
「悪いなジョージ、あと2週間はかかるぜ」
「なんだって!? 神さまは1週間で世界をおつくりになったんだぜ!」
「だから言ってるのさ。おれはそんな中途半端な仕事はしたくないんだよ」

373 :オーバーテクナナシー:02/02/17 23:05
HaHaHaHaHa!

374 :出張あさはかマン:02/02/18 14:40
一番したに十字線(レチクル)の最も簡単な作り方が出ています。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4205/astro/fact_03.htm

屈折儀の対物レンズが一度結像する位置にレチクルをおくことで、
像の上に別の物体の影を重ねる事が出来るわけです。
当然光の回折による像のぼやけを避けるため、
レチクルの遮光部の厚みはできるだけ薄く作る必要があります。

アポロの写真では、
このレチクルは金属でパターンめっきしたガラスで作ってあるとは思いますが
あんまりに対象物が明るいと
めっきでは遮光しきることが出来ず、そのまま光を素通ししてしまいます。


375 :オーバーテクナナシー:02/02/18 17:41
神が捏造したかどうかはともかく、ゴッドハンドは捏造してばれたね。
というわけで「ゴッドハンドはNASAのCIAのエージェントだった!」説提唱。

376 :オーバーテクナナシー:02/02/18 17:44
ついでに「神=NASAのCIAのエージェント」説も提唱してみよう。

377 :オーバーテクナナシー:02/02/18 18:57
「NASA=逝印」説は提唱可?

378 :オーバーテクナナシー:02/02/18 19:44
>377
このさいなんでもアリ。
でも個人的には「NASAのCIA」っていうフレーズは必須。

379 :オーバーテクナナシー:02/02/19 09:14
>>378
そうか、じゃ「逝印食品関西ミートセンター長=NASAのCIAのエージェント」ならOKだね。

380 :オーバーテクナナシー:02/03/16 19:01
今日もまた月着陸ネタやるよ

381 :オーバーテクナナシー:02/03/16 19:24
月資源の開発にもつながらなかったし、「そうだね、きっと君の
言う通り、行ってないんだよ」でいいじゃん。
早く月に工場が出来て、バンバン宇宙開発が進んでほしいけど、
アポロ計画は、旗立てに行っただけだし。
ケネディは、宇宙になんか興味なかったみたいよ。

382 :オーバーテクナナシー:02/03/16 19:31
結論。

アメリカは月面着陸を成功させました。

はい。終了。くだらない妄想はやめましょう。

UFOなんている訳ないだろヴァーカ

このプチ矢追ども。

UFOの機密追うくらいなら防衛庁の次期制式戦車の機密情報持って来いYO!

383 :オーバーテクナナシー:02/03/16 19:52
あ、はじまったよう。
そんなに信頼性があるなら、テレ朝、ニュースステーションで
やりゃあいいのに。

384 :オーバーテクナナシー:02/03/17 18:19
月に行って、アポロが来た跡がないことを証明しよう。

385 :オーバーテクナナシー:02/03/17 18:54
>>384

じゃあ逝けよ

386 :オーバーテクナナシー:02/03/17 19:28
http://www.jsdf-erai.shacknet.nu/eraijyoshu.html

387 :オーバーテクナナシー:02/03/17 20:18
>>385
いや、だからさあ、そんなに主張するなら行ってこいと。

私は、アポロの月着陸にはあんまり興味ありません。
月の資源開発には興味があるけど。

388 :オーバーテクナナシー:02/03/17 20:24
http://mentai.2ch.net/sky/kako/971/971365348.html

とりあえず8と12は読んどけ。

389 :オーバーテクナナシー:02/03/17 23:12
旧ソ連も月に人を送ってれば、信憑性が上がったのに。
お金がかかりすぎたんだろうね。

宇宙人の侵略の兆候でも現れないかなあ。
兆候だけね。

390 :ろっきー:02/03/17 23:29
>>388

ご紹介多謝。


391 :オーバーテクナナシー:02/03/18 02:39
当時はあれだぞ?今のデスクトップでもスーパーコンピューターと呼ばれて
いたんだ。彼らは最高峰のグラフィックスだと思って、そんな後のことなど
気にするはずも無いし、おうなるとは思いもしまい。
これマジの写真なんかが本物ならば、確実に月面着陸してないね。

392 :こてはん:02/03/18 03:33
>>391
何を言いたいのか迷文過ぎるのでよくわからないけれど、下げようよ。
ネタだとしてもキレ味ないしさ。

>>389
月に行ってない可能性が多少なりともある、と言いたいのなら、なん
で未だにレーザーで月との距離が測れるの?。それとも、反射板は、
無人のロケットで置いてきたとか新しい主張をするのかな。


393 :オーバーテクナナシー:02/03/18 05:37
まあ機密指定の空軍シャトルが今頃、アルマゲドンばりの噴射やって
三流SFっぽく、月の裏側あたりに基地を作ってる鴨知れないなあ・・・
むしろそれくらいやってくれてた方がとほほの現実に落胆せずに済むからいいなあ



394 :オーバーテクナナシー:02/03/18 14:40
日本の放送局は、「ふじ計画」なりを全面的にスポンサードして、これの月面着陸計画を支援すべきだ
アメリカ月面着陸の謎を暴く!特派員が月面で見た物は何か!月面完全生中継!とぶち上げて欲しい
つか、するべきだろう、報道の義務として責任として、やれ!

395 :オーバーテクナナシー:02/03/18 14:42
>394 特派員にガチャピン推薦。

396 :オーバーテクナナシー:02/03/21 10:11
スペース(ΘoΘ;) ガチャピンスーツ

397 :みやむ:02/03/21 11:56
いや、たまにはムッくを活躍させてあげようよ。彼の唯一のアイテム、頭についてる
タケコプターを使うのは今ではなかろうか?あれなら大気圏突破も可能なスピードが出せたりして
 なんていってみるテスト

398 :オーバーテクナナシー:02/03/21 17:34
http://members.tripod.co.jp/yomiur_ii/


399 :オーバーテクナナシー:02/03/21 18:21
タケコプターのプロペラで重力圏を脱出できるスピードは出ません

400 :オーバーテクナナシー:02/03/21 18:32
とりあえずあと5年で宇宙旅行が実現しなかったら嘘だと思おう。

401 :オーバーテクナナシー:02/03/22 14:10
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレと そこそこ関係あるからさ。
昨日、ネバダ州のエリア51行ったんです。エリア51。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで入れないんです。
で、よく見たらなんかプラカードとか持ってて、政府は宇宙人に関する情報を公開しる!、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、宇宙人如きで普段来てないエリア51に来てんじゃねーよ、ボケが。
宇宙人だよ、宇宙人。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人でエリア51か。おめでてーな。
よーしパパ インプラント頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、キャトルミューティレーションされた家畜の死体やるからその道空けろと。
エリア51ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
不法侵入がバレていつ哨兵に撃たれてもおかしくない、
潜るか撃たれるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと入れたかと思ったら、隣の奴が、
ここってロズウェル事件の宇宙人の死体を隠しているんですよね、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ロズウェル事件なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、ロズウェル事件、だ。
お前は本当にUFOが墜落して宇宙人の死体が回収されたと信じているのかと問いたい。問い詰めたい。
2039年になるまで毎日小1時間問い詰めたい。
お前、インデペンデンス・デイを観て感化されてるだけちゃうんかと。
UFO通の俺から言わせてもらえば今、UFO通の間での最新流行はやっぱり、
韮沢さん、これだね。
ロマン派のエース韮沢さん。これが通の番組の選び方。
韮沢さんってのはロマンが多めに入ってる。そん代わり信憑性少なめ。これ。
で、それに火星人の住民票。これ最強。
しかしこれをスタジオに持って行くと松尾貴史に中身を見られて
「火星町って書いてあるよ」と失笑されたあげく、次から肯定派からもマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、MIBのトミー・リー・ジョーンズって加藤 剛にソクーリとでも言ってなさいってこった。


402 :オーバーテクナナシー:02/03/27 11:46
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
昨日、ネバダ州のエリア51に潜入したんです。エリア51。
そしたらなんか宇宙人がめちゃくちゃいっぱいでレベル3までしか入れないんです。
で、よく見たらUFOの整備なんかしてて、地球侵略の準備とか始めてるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、地球侵略如きで普段来てないMクラス惑星に来てんじゃねーよ、ボケが。
地球侵略だよ、地球侵略。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で地球侵略か。おめでてーな。
よーしパパ反物質反応炉エンジン頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、元素115やるからその道空けろと。
地球侵略ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
スクランブルしたベルギー空軍といつ戦闘が始まってもおかしくない、
墜とすか墜とされるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。ラージノーズグレイは、すっこんでろ。
で、やっとレベル4に潜れたかと思ったら、
リトルグレイが、隊長!リン・ミンメイには要注意でありますビシッ!、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ミンメイアタックなんてきょうび流行んねーんだよ、ボケが。
得意げな顔して何が、リン・ミンメイ、だ。
お前は本当にリン・ミンメイを警戒してるのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、デカルチャー!って言いたいだけちゃうんかと。
ミステリー通の俺から言わせてもらえば今、ミステリー通の間での最新流行はやっぱり、
UMA、これだね。
チュパカブラ、スカイフィッシュ、ジャノ。これがUFOに飽きた通の楽しみ方。
UMAってのは解説が多めに入ってる。そん代わり映像が少なめ。これ。
で、それに野人。これ最強。
しかしアンビリバボーばかり見てると次から川口浩探検隊ファンにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、ニューネッシーでも釣り上げてなさいってこった。


403 :DGふぁ:02/04/16 19:17
アポロ月面映像、写真はNASAのでっちあげです。
アメリカはto think bigがモットーの国です。
嘘もスケールがでかいのですね。

404 :本当です。 終了:02/04/16 23:20
生中継なのはほぼ間違いないですよ。
一部の放送局や無線マニアは実際にアポロからの映像電波を直接受信してました。
2点三角測量で発信位置は簡単に判ります。
またアポロ12号はアル・ビーン飛行士の取り扱いミスでカメラが壊れて放送中止にな
りました( ̄▽ ̄;)!!


http://moon.nasda.go.jp/ja/qanda/qanda/qanda013.html

405 :オーバーテクナナシー:02/04/17 00:18
>>403
「これ! マジ!?」で紹介されたVTR、写真はテレビ朝日のでっちあげです。
テレビ朝日系列はウソとやらせがモットーの局です。
ホラもスケールがしょぼいのですね。

406 :オーバーテクナナシー:02/04/17 01:56
テレ朝じゃなくてfoxTVだろ。でっち上げたのは。

407 :オーバーテクナナシー:02/04/17 02:47
>>406
foxTVのは最後に「4月1日」とテロップが出たんだろ?
それはでっち上げとは言わないな。ホラとは言うけど。


408 :オーバーテクナナシー:02/04/17 04:35
テロップすら出さないテレ朝は犯罪だな。

409 :オーバーテクナナシー:02/04/17 10:46
>>408
テレ朝かどうかは知らんけど、「第三の選択」が日本で放映されたときも
4月1日のテロップはカットされたらしいね。
日本のマスコミなんてこんなもんか。

410 :オーバーテクナナシー:02/04/18 02:03
テレ朝は最低ですね。

411 :同じスレ見たいねぇ。:02/04/18 09:38
.

412 :高速の名無し:02/04/18 20:56
368 :オーバーテクナナシー :02/02/17 21:03
月面にレーザーの反射板あるよね。
もし月面着陸がウソなら、それはどうやって持っていったのかな?
設置と微調整が必要なので、当時では無人じゃ無理だったよ。
つまり、本当の回と、ウソの回がある・・・・とおもわれ。

http://moon.nasda.go.jp/ja/qanda/qanda/qanda013.html
このサイトによると旧ソ連のルナホードも反射鏡を設置しているんだけど、
これも有人だったの?

413 :オーバーテクナナシー:02/04/19 07:10
NASDAがNASA萌えのページで解説してくれてる

414 :グレイ:02/04/19 20:54
レーザーの反射板は、われわれが設置しました。

415 :オーバーテクナナシー:02/04/19 21:10
NASAの使いっぱしりなんかして楽しい?>グレイ

416 :グレイ:02/04/19 21:15
レーザーの反射板地球侵略への布石です。

417 :オーバーテクナナシー:02/04/19 21:20
>410
朝日って昔、捏造事件もあったね
ダイビング愛好家に自然保護団体を嗾けようとして
記者に珊瑚へ落書きさせてニュースにしたんだよね
あれって捏造ってバレタ後に謝罪ってあったっけ?


418 :オーバーテクナナシー:02/04/20 00:14
>>417
あったね。
イニシャルを珊瑚に掘り込んで環境破壊だって騒いだんだったよね。
その後一応謝罪のようなことを紙面でしていた覚えがあるよ。

実に最初から最後まで朝日らしい事件だった。

419 :オーバーテクナナシー:02/04/20 01:04
ジェイムズ・ランディ呼んで「超能力はトリックだ」という内容の番組がテレ朝で放送されてたね
ついこの間月着陸を否定する番組を放送したばかりだというのに節操ないね〜


420 :オーバーテクナナシー:02/04/20 10:08
>テレビ朝日がこのネタやった次の日にアエラ(朝日系列)で
>「月面着陸はなかった説に簡単に騙される若者達」という特集を組んだ
>イニシャル入り珊瑚といいジサクジエンが好きな朝日
あの番組ってネタ作りのための仕込みだったのか・・・

421 :オーバーテクナナシー:02/04/20 11:18
>417
あった↓★ 朝日珊瑚事件を語り継ぐスレPart3 ★
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1013197827/
ちゃんとした謝罪は無く社会が悪いとしゃぁしゃぁと言ってのけ、矛先をかわした
記事を探していたら出るわ出るわマスコミ板で朝日の扱いは東スポやテレ東より格下
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1016883205/
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1018154421/
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1017588619/
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1000632953/
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/995570730/
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1014371038/

422 :オーバーテクナナシー:02/04/20 13:03
>421
そんな生温い物ではない、同人誌以下と言われている
 ttp://www.geocities.com/gikoneko_1/asapy/asapy_coverpage.htm
朝日ウォッチならココ↑が良いぞ

423 :オーバーテクナナシー:02/04/29 23:28
同時多発age

424 :オーバーテクナナシー:02/04/30 06:09
              ∧_∧
              (    )
────-o────/   \────────
       \\   //\   \
..        \\//   \   \
          \/      ) ∴)ヾ)
                  /  / ⌒ヽ
                  /  /| |   |←>>1
                  / / .∪ / ノ
                 / / . | ||
                ( ´|   ∪∪
                 | |   | |
                 | |   | |
                 | |   | |
                 | |   | |
               (´ ノ  (´ ノ

189 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)