2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

海外での生物採取

1 :名無虫さん:02/02/28 01:36 ID:V7yPSxTW
 海外旅行に行った際に、もし可能なら現地での生物採取をし、持ち帰りたいと考えています。
 実際に可能なものかどうか教えてもらえるとうれしいです。

2 :名無虫さん:02/02/28 01:37 ID:ZhKWtQWf
化膿

3 :1:02/02/28 01:44 ID:V7yPSxTW
 近い内に行く予定なのは、台湾、中国、東南アジア方面です。
 採取しようと考えているのは、淡水魚、爬虫類、両生類。
 現地で保護動物指定をされていたり、CITES関連種の採取は考えていません。
 自分で調べてみた限りだと、海外→昆虫は日本の国内法で許可がないと持ち込み不可。
 その他の自分が挙げたような動物に関しては、基本的に日本での税関では基本的に問題なし。

 問題になってくるのは、現地からの出国手続きの際の税関のようです。
 旅行ガイド等を見ても、食品関係の手続きについては触れていても、生き物のことに関しては触れられている例が見あたらなかったので、尋ねさせていただこうと思いました。
 

4 :名無虫さん:02/02/28 09:35 ID:???
入国管理局に問い合わせた方がよかろう。


5 :>1:02/02/28 10:55 ID:9Lu/wpPW
>>3

『遺伝』のバックナンバーに特集があるから参考にすれば?
東南アジア諸国の監督官庁の連絡先も書いてあるし

基本的には当該国で正式な採集許可を出している役所が
海外への持ち出しの許可も出しているハズです

http://www.shokabo.co.jp/iden/iden3.1/55.5.html

6 :1:02/03/05 01:34 ID:B9SdPpN9
 反応が遅くなってすいません。
>4
それは、そうなのですが。
 実際に体験された方の経験を聞きたかったもので。

>5
 その号は自分も持っていますが、監督官庁の連絡先があったのは見落としていました。
 後で確認してみます。


 以下は伝聞ですが。
 中国、フィリピンは旅行者による自国産の生き物は全面的に持ち出し禁止。
 タイは淡水魚はオッケーだが、その他の生物は持ち出し禁止。
 という感じらしいです。
 それと、台湾は外国からの生物の持ち込みはかなり厳しく規制されているようですね。
 また、http://www.coa.gov.tw/external/preserve/preserve/index.htm にあるように。
 日本よりも保護指定を受けている種類は多いので、こちらでの持ち出しも難しいように感じています。
 よく読めば書いてあるのでしょうが、おぼろげにしか分からなかったです。
 しかし、日本では普通種のクサガメやカナヘビまで保護指定を受けているとは予想外でした。
 アメリカ産のツノトカゲの一種までなぜか指定されているあたりは、よく分からんですが……。

7 :名無虫さん:02/03/05 01:44 ID:???
ちうか、おめえが調べて報告するスレにしろヨ!(w

8 :名無虫さん:02/03/05 14:06 ID:jpvmZmHG
1が一番くわしいのでは?

9 :5:02/03/06 23:05 ID:CEj5i0Ue
>>5

>基本的には当該国で正式な採集許可を出している役所が
>海外への持ち出しの許可も出しているハズです

自己レスしますが,
基本的にはそうなんですが,当該国の事情により,実際は複数の官庁が関わっている場合があります


例えば,
マレーシアではサバ州,サラワク州,マレー半島で許可の仕組みも基準も違います

サバ州ではサバ州野生生物局が輸出許可を出しますが,
採集許可は
野生生物保護区内の採集に関してはサバ州野生生物局が出し,
サバ州立公園内の採集に関してはサバ州公園局が出し,
他の保全地域内の採集に関しては別の管轄官庁が出しています

サラワク州では,サラワク州森林局内に州立公園や野生生物を扱うセクションがあって,
そこがすべてを管轄していたのですが,
最近,サラワク生物多様性センターというのができて,
ここの許可を取らないといけないようになったようです

マレー半島ではマレーシア連邦政府の国立公園野生生物局が管轄しているようです

10 :5:02/03/06 23:07 ID:CEj5i0Ue
で,許可の基準なんですが,

サバ州立公園内の採集許可は非常に厳しく,サバ州立大学の学生でも許可が出ない事があり,
外国人旅行者に許可が出ることはまずありませんが,
野生生物保護区はそこまで厳しくありません

例えば,サバ州の野生生物保護区の管理事務所の所長から聞いた話では,
保護区内で拾ったシカの角を日本に待ち帰ろうとした場合,
狩猟許可に準ずる手続きをふめば,即日で許可証が発行され,
海外への持ち出しも可能だそうです
(ただし,これは狩猟獣であるシカの場合で,
 本局の判断を仰がないといけない種に関しては保護区事務所では対応できない
 可能性があります)

また,確認していませんが,魚介類の採集や輸出に関しては,
サバ州水産局の許可が必要になる場合があるかも知れません


サラワク州はサラワク生物多様性センターができてから,
基準が厳しくなったようで,マレー半島の大学の先生にもなかなか採集許可が降りないぐらいなので,
外国人旅行者が許可を取るのは非常に厳しいと思います

サラワク州の輸出許可申請書や採集許可申請書
ttp://www.geocities.co.jp/NatureLand/7944/Export.html
ttp://www.geocities.co.jp/NatureLand/7944/R_Application_Form.html
を見れば,分るように,基本的には研究目的以外では,許可は出ません

現在のサラワク州の基準
ttp://www.geocities.co.jp/NatureLand/7944/The_Sarawak_Biodiversity.html
に厳格にしたがうと,
事実上,日本の研究機関からの派遣という形でない限り,許可はおりないと思われます


現在,マレー半島の基準はサラワク州ほど厳しくないと聞きますが,
近い将来,法改正で,サバ州やマレー半島もサラワク州なみに厳しくなる可能性があります

とにかく,現地の官庁に直接問い合わせて,
実際に申請してみないとどうなるか分りません

11 :名無虫さん:02/03/09 01:16 ID:???
美大の研ちゃんを思い出した。

12 :名無虫さん:02/03/09 02:36 ID:???
植物については分かりませんか?

13 :名無虫さん:02/03/09 02:42 ID:???
まー、アジアに関しては、どの国も輸出禁止と考えておいたほうがいい
よ、基本的に。

で、>>1がどの程度の個体数を持ち帰ってくるかが問題で、数-10数匹程
度なら問題ない場合が多い。つまり密輸出と密航だな。

ちなみに台湾・半島マレー・インド・タイ・インドネシアに逝ったこと
があるけど、航空機に乗る直前の税関チェックもX線とおしたけど、まあ
平気。ヘビはどうかな? でかいのはやったことがないのでわからんが、
身体に巻き付けておけばOKだろ?

14 :名無虫さん:02/03/09 02:51 ID:???
>>13
ということは個人採取で出回っている、いわゆるプライベート便は全て密輸なのでしょうか?

15 :1:02/03/09 04:24 ID:???
>5
 詳しい情報、ありがとうございます。
 マレーは知人が魚の調査で行った当時は、それほど厳しくなかったと聞いていたのですが、自国の生物資源保護のからみでいろいろ制限ができているのですね。

>13
 数はだいたいその程度を想定していました。別便になるほどの数を採取するつもりもなかったので。
 できれば密輸はしたくないんですよね。気分的なものと、あともし見つかって厄介なことになったら面倒だと思う小心者なので(^^;;

 7が言うことももっともなので。時間がとれたら、自分でも調べて分かったことを、書き込みます。需要があるようならですが。
 
 

16 :13:02/03/09 11:48 ID:D0ViQR5c
確かに密輸出に関しては、語感とトラぶったらと言うのはあるけど、そもそも
魚類/爬虫類/両生類で機内持ち込みする程度ならおめこぼしレベルだよ。

たとえば漢方薬をお土産に買っていくようなものだろう?
ばれたら市場でかったとか、ペットショップで買ったとかいえばOKだ。

植物は持ち込みが厳しいので、検疫所に直接問い合わせた方がいいよ。

17 :5:02/03/11 13:32 ID:???
>>16
実際は大学の先生でも手続きが面倒だからって密輸出してる人がいるのが現状だもんな

でも,あとで論文書く時にごまかさないといけないから
やめた方がいいと思うけどね

18 :名無虫さん:02/03/11 15:16 ID:???
で、悪気は無いとしても、結果として移入種が増えてゆく訳ね。

19 :1:02/03/12 00:23 ID:8kvWD6hh
 5さんが言っていた「遺伝」のバックナンバー読みました。
 各国管轄省庁の連絡先は、CITES解説のページにあったから見落としていたみたいです
 ただ電話とFAXしかなかったんだけれど、これいきなり日本から連絡してもいいものなのでしょうか……。
 どこの国に行くか決まったら、関係しそうなところに問い合わせてみようかと思ってます。
 一応は研究のサンプル収集の下見も兼ねてくるつもりなので。それで許可がダメだったら、無難そうな範囲で「密輸」ですね。

>実際は大学の先生でも手続きが面倒だからって密輸出してる人がいるのが現状だもんな
知り合いの先生でも、バケツ一杯のベントスと泥のサンプルを持ったまま税関手続きやった人がいるけれどお咎めなしだったそうで。
 ホルマリン処理していたからよかったのかな……。

20 :名無虫さん:02/03/13 00:22 ID:n7REb5QC
良スレあげ。

21 :名無虫さん:02/03/13 18:19 ID:fnMaS8Nc
動物検疫の所のイラストが犬とハムなのは関空だけですか?

22 :13:02/03/16 00:54 ID:WwZCDieA
>>14
 迂闊なことは言えないけど、一概に言い切れない場合もある。
 実はプライベートとか言って、たんなるブローカー経由と言う場合も多いだろうし。

>>17
 なにかのプロジェクトでカンターパートがいれば問題ないんだけどね。
 中国なんかでは、invoiceに権威ある本に載っている学名だけでリストにしないと輸出許可
 がおりないとか、言っていたな。うちのししょー。

23 :5:02/03/17 20:28 ID:IXBgsOup
>5さんが言っていた「遺伝」のバックナンバー読みました。
>各国管轄省庁の連絡先は、CITES解説のページにあったから見落としていたみたいです
>ただ電話とFAXしかなかったんだけれど、これいきなり日本から連絡してもいいものなのでしょうか……。

今,手元に『遺伝』がないんだけど,確かオフィスの住所も載っていたと記憶している

個人的には,電話よりもファックスか郵便を使って,書面で問い合わせた方がいいと思う
電話だとまともに相手されない場合が多いから

日本のODAの一環で国際協力事業団(JICA)の専門家が各国の管轄省庁に派遣されている場合があるから,
その辺の伝手をたどって相談してみるという手もある

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)